論文検索

※姓と名の間には半角スペースを入れてください。

年 ~
月号

論文集技術報告集J-STAGE無料で閲覧できます。

検索結果

1~50件 / 全443件

1

表紙

著者名:
巻 号:36
ページ:
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

2

目次

著者名:
巻 号:36
ページ:
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

3

1. 一列締ボルト結合型断面の引張試験結果と二ノ三の考察

著者名:伴 潔 / 椋代 仁朗
巻 号:36
ページ:1-7
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

4

2. 箱構造の研究 : 其の4。壁梁或は大なる開口部を持つ壁版の一つの取扱い

著者名:鷲尾 健三 / 尭天 義久
巻 号:36
ページ:8-12
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

5

3. 箱構造の研究 : 平版近似撓角法式に依る解析 : 其の1, 無開口版に対する基本式

著者名:鷲尾 健三 / 尭天 義久
巻 号:36
ページ:13-16
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

6

4. 箱構造の研究 : 平版近似撓角法式に依る解析 : 其の2 基本版に対する基本事項

著者名:鷲尾 健三 / 尭天 義久
巻 号:36
ページ:17-21
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

7

5. 箱構造の研究 : 平版近似撓角法式に依る解析 : 其の3. 釣合方程式及算例

著者名:鷲尾 健三 / 尭天 義久
巻 号:36
ページ:22-26
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

8

6. 箱構造の弛緩法(固定モーメント法)(其の4)

著者名:鷲尾 健三 / 尭天 義久
巻 号:36
ページ:27-30
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

9

7. 弾性地盤上のラーメンの弛緩法

著者名:尭天 義久 / 竹山 和彦
巻 号:36
ページ:31-36
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

10

8. 壁の配置と横力分布係数 : 有壁ラーメンに関する研究

著者名:鬼武 信夫
巻 号:36
ページ:37-40
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

11

9. 壁の偏在する場合床の変形が横力分布に及ぼす影響 : 有壁ラーメンに関する研究 補遺その2

著者名:鬼武 信夫
巻 号:36
ページ:41-44
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

12

10. 弾性接合点を含む部材を有する架構の解法に就いて

著者名:中村 静夫
巻 号:36
ページ:45-48
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

13

11. 圧縮されたコンクリート供試体の降伏時における応力分布について

著者名:小阪 義雄
巻 号:36
ページ:49-52
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

14

12. 鉄骨鉄筋コンクリート構造の耐力に関する実験的研究 その2 : きれつ、たわみについて

著者名:塚本 猛次 / 多田 英之 / 川村 政美
巻 号:36
ページ:53-56
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

15

13. 鉄骨鉄筋コンクリート構造の耐力に関する実験的研究 その3 : A型供試体のひづみについて

著者名:塚本 猛次 / 多田 英之
巻 号:36
ページ:57-60
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

16

14. 鉄骨鉄筋コンクリート構造の耐力に関する実験的研究 その4 : A型供試体のひづみについて

著者名:塚本 猛次 / 多田 英之 / 須藤 福三
巻 号:36
ページ:61-64
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

17

15. 鉄骨鉄筋コンクリート構造の耐力に関する実験的研究 その5 : A型供試体のバンドプレート及び耐力について

著者名:塚本 猛次 / 多田 英之
巻 号:36
ページ:65-68
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

18

16. PCおよびPCのクリープに関する考察

著者名:坂 静雄 / 六車
巻 号:36
ページ:69-79
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

19

17. 公害問題に於ける振動測定について

著者名:鳥海 勲
巻 号:36
ページ:80-83
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

20

18. 塑性領域の安定性に関する覚え書

著者名:小堀 鐸二
巻 号:36
ページ:84-87
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

21

19. 塑性領域の安定性に関する覚え書(続)

著者名:小堀 鐸二
巻 号:36
ページ:88-91
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

22

20. 地震に依る角柱の顛倒及びロツキング(その1)

著者名:小堀 鐸二 / 南井 良一郎
巻 号:36
ページ:92-97
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

23

21. 地震に依る角柱の顛倒及びロツキング(その2)

著者名:小堀 鐸二 / 南井 良一郎
巻 号:36
ページ:98-103
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

24

22. 円弧コノイド曲面曲げ理論

著者名:横尾 義貫 / 松岡 理
巻 号:36
ページ:104-110
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

25

23. 軽量型鋼の捩れに関する諸係数について

著者名:横尾 義貫
巻 号:36
ページ:111-118
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

26

24. 落錐による大阪市地盤調査報告

著者名:恒岡 俊行 / 馬場 善雄
巻 号:36
ページ:119-123
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

27

25. 小、中学校運動場の放課后の利用

著者名:絹谷 祐規
巻 号:36
ページ:124-127
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

28

26. 利用者数の変動と所要規模との関係(その1) : 共同施設の適正規模に関する研究(V)

著者名:岡田 光正
巻 号:36
ページ:128-131
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

29

27. 利用者数の変動と所要時間との関係(その2) : 共同施設の適正規模に関する研究(VI)

著者名:岡田 光正
巻 号:36
ページ:132-135
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

30

28. 建築家、建築技術者の仕事と意見(1) : 建築家・建築技術者に関する研究II

著者名:巽 和夫
巻 号:36
ページ:136-139
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

31

29. 建築家、建築技術者の仕事と意見(2) : 建築家・建築技術者に関する研究II

著者名:巽 和夫
巻 号:36
ページ:140-143
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

32

30. 塩化ビニールスポンジの保温性能について

著者名:林 正昭
巻 号:36
ページ:144-147
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

33

31. 粗面仕上の壁面の色彩効果 : 外壁仕上面の色の見え方について その2

著者名:山崎 勝弘
巻 号:36
ページ:148-152
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

34

32. 試作ブラウン管式残響計の精度に就て

著者名:前川 純一 / 寺谷 啓治
巻 号:36
ページ:153-157
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

35

33. 設計用外気温の決定その三 : 気温の谷の大きさと形

著者名:前田 敏男 / 吉田 燦
巻 号:36
ページ:158-161
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

36

34. 外気温に対する重み函数の近似解法

著者名:前田 敏男
巻 号:36
ページ:162-165
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

37

35. 室内反射照度の一例

著者名:伊藤 克三 / 手塚 二郎
巻 号:36
ページ:166-171
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

38

36. 光電池輝度計の試作

著者名:松浦 邦男
巻 号:36
ページ:172-175
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

39

37. 室内の風速分布について(2)

著者名:石原 正雄
巻 号:36
ページ:176-179
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

40

38. 居室の各方位開口室面比の吟味

著者名:三谷 重明
巻 号:36
ページ:180-183
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

41

39. 都市近郊における商業施設の特殊現象について(その1)

著者名:宮脇 泰一
巻 号:36
ページ:184-187
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

42

40. 都市近郊における商業施設の特殊現象について(その2)

著者名:宮脇 泰一
巻 号:36
ページ:188-191
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

43

41. 1851年の'Crystal Palace'について(I) : その建設事情

著者名:嶋田 勝次
巻 号:36
ページ:192-196
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

44

42. 1851年の"Crystal Palace"について(II) : その歴史的位置

著者名:嶋田 勝次
巻 号:36
ページ:197-201
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

45

43. R.Kerrの"the Architecturesque"について

著者名:鳥田 家弘
巻 号:36
ページ:202-205
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

46

44. テクスチュア感覚と写真(その1)

著者名:向井 正也
巻 号:36
ページ:206-209
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

47

45. テクスチュア感覚と写真(その2)

著者名:向井 正也
巻 号:36
ページ:210-213
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

48

46. 源氏物語を通して見た寝殿造 : 六条院について

著者名:多淵 敏樹
巻 号:36
ページ:214-218
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

49

47. 後鳥羽上皇の白河殿と鳥羽殿について

著者名:杉山 信三
巻 号:36
ページ:219-222
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

50

48. 東大寺歴代の大勧進職

著者名:山本 栄吾
巻 号:36
ページ:223-226
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

1~50件 / 全443件