論文検索

※姓と名の間には半角スペースを入れてください。

年 ~
月号

論文集技術報告集J-STAGE無料で閲覧できます。

検索結果

1~50件 / 全499件

1

表紙

著者名:
巻 号:9
ページ:
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

2

目次

著者名:
巻 号:9
ページ:1-3
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

3

[OTHERS]

著者名:
巻 号:9
ページ:
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

4

1. 不燒セメントの性質並に利用に関する研究 (第1報) : 不燒セメント原料として大谷石屑(ズリ)の利用価値に就て

著者名:狩野 春一 / 横山 福一
巻 号:9
ページ:1-4
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

5

2. 不燒セメントの性質並に利用に関する研究 (第2報) : 大谷石屑(ズリ)を原料とする不燒セメントの品質改良に就て

著者名:狩野 春一 / 松村 忠彦
巻 号:9
ページ:5-8
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

6

3. 不燒セメントの性質並に利用に関する研究 (第3報) : 大谷石屑を主原料とする不燒セメントの利用について

著者名:狩野 春一 / 菊池 武雄
巻 号:9
ページ:9-12
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

7

4. 塗壁材料の粘土稠度

著者名:中村 伸
巻 号:9
ページ:13-16
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

8

5. 成型時圧力のセメント製板に及ぼす影響について(繊維セメント板の場合) : 建築用合成板に関する研究 第9報

著者名:栗山 寛
巻 号:9
ページ:17-20
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

9

6. コンクリートの振動詰に関する研究 (第2報)

著者名:田辺 平学 / 藤本 敏治
巻 号:9
ページ:21-24
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

10

7. アルミニウムと異種金属との接触部分の防蝕に就いて : 第1報 アルミニウム・亜鉛・カドミウム・錫 等の自然電極電位

著者名:小島 武 / 佐藤 正雄 / 後町 良完
巻 号:9
ページ:25-28
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

11

8. 新しい防火雨戸の研究

著者名:浜田 稔 / 桜井 高景
巻 号:9
ページ:29-32
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

12

9. 高應力度を受けたことのあるコンクリートの彈性変化

著者名:東大一工建築科材料研究室
巻 号:9
ページ:33-36
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

13

10. 筋違を有する簡單なラーメンの挫屈に就いて

著者名:蛭田 捨太郎 / 鈴木 鐸二
巻 号:9
ページ:37-40
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

14

11. 剛節骨組の曲げと挫屈

著者名:藤本 盛久
巻 号:9
ページ:41-44
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

15

12. Relaxation Method による軸力をも考慮せるRahmeの解法

著者名:馬場 善雄
巻 号:9
ページ:45-48
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

16

13. 偏心圧縮材(山型鋼組立材)の挫屈について

著者名:坪井 太郎
巻 号:9
ページ:49-52
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

17

14. 曲げを伴う圧縮(Knick und Biequng)について

著者名:高田 周三
巻 号:9
ページ:53-56
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

18

15. トラス構造の電気的解法としての一考察

著者名:横山 悌次
巻 号:9
ページ:57-60
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

19

[OTHERS]

著者名:
巻 号:9
ページ:
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

20

16. トラス部材をもつラーメンの解法について

著者名:田口 武一
巻 号:9
ページ:61-64
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

21

17. 新しい溶接棒規準による試験に就いて

著者名:仲 威雄 / 有安 久
巻 号:9
ページ:65-68
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

22

18. 異形鋼筋に就て : 最近の国産品と米国に於ける異形鋼筋の発達

著者名:武藤 ~~/ 小倉 弘一郎
巻 号:9
ページ:69-72
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

23

19. 煉瓦造の強度について (續)

著者名:松下 清夫
巻 号:9
ページ:73-76
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

24

20. 組立梁の新構法

著者名:佐藤 好
巻 号:9
ページ:77-80
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

25

21. 木材の長期荷重に対する強度並に断面欠損の影響

著者名:久田 俊彦
巻 号:9
ページ:81-84
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

26

22. クレーン受梁の衝撃係数

著者名:竹内 盛雄
巻 号:9
ページ:85-88
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

27

23. 風力による木造小屋組屋根の「躍り」と「浮上り」

著者名:亀井 勇
巻 号:9
ページ:89-92
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

28

24. 曲げを伴う剪断振動について

著者名:石崎 溌雄
巻 号:9
ページ:93-96
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

29

25. 建物の耐震設計に関する振動論的考察 (序報)

著者名:鈴木 鐸二
巻 号:9
ページ:97-100
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

30

26. 床剛性に依る横力分布について

著者名:谷 資信
巻 号:9
ページ:101-104
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

31

27. 建物の基礎と水平應力 (綜合報告)

著者名:梅村 魁
巻 号:9
ページ:105-108
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

32

28. ラチス・アナロジーについて

著者名:横尾 義貫
巻 号:9
ページ:109-112
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

33

29. 壁式構造に関する一問題

著者名:坪井 善勝 / 田治見 宏 / 星野 一郎
巻 号:9
ページ:113-116
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

34

30. 開口壁の横力分布係数について

著者名:松井 源吾 / 小高 昭夫 / 舟橋 功男 / 十代田 昭二 / 逸見 幸三郎
巻 号:9
ページ:117-119
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

35

31. 耐震壁に関する研究 (其の2) : 重層耐震壁の横力分布係数

著者名:谷口 忠 / 松下 富士雄 / 北後 壽
巻 号:9
ページ:121-124
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

36

32. 耐震壁の研究 (その8)-分布係数の検討- : 微分方程式による一定断面の場合の研究.II.

著者名:武藤 清 / 大澤 胖
巻 号:9
ページ:125-128
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

37

33. 耐震壁の研究 (その9)-分布係数の検討- : エネルギー法による解の誤差の検討

著者名:武藤 清 / 大澤 胖
巻 号:9
ページ:129-132
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

38

34. 塑性強度耐震設計法

著者名:坂 静雄
巻 号:9
ページ:133-136
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

39

35. 耐火造室内火災の「温度一時間」標準曲線の理論的考察

著者名:藤田 金一郎
巻 号:9
ページ:137-140
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

40

36. 燃焼木材に對する注水効果について (有風の場合)

著者名:碓井 憲一
巻 号:9
ページ:141-144
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

41

37. 耐火造内の火災性情に関する実験 (その1)

著者名:川越 邦雄
巻 号:9
ページ:145-148
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

42

38. 市街地の建築面積分布状態について : 静岡市都市調査より

著者名:亀井 幸次郎
巻 号:9
ページ:149-152
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

43

[OTHERS]

著者名:
巻 号:9
ページ:
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

44

1. 朝鮮太宗の漢城経営について

著者名:杉山 信三
巻 号:9
ページ:153-156
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

45

2. 平安時代の貴族の邸宅内における堂について

著者名:佐藤 功
巻 号:9
ページ:157-160
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

46

3. 鎌倉時代における一般貴族の邸宅(平面)について

著者名:太田 靜六
巻 号:9
ページ:161-164
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

47

4. 東山山莊の住宅史的性格

著者名:野地 修左
巻 号:9
ページ:165-168
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

48

5. 近世の紫殿 : 京都御所の研究 2

著者名:藤岡 通夫
巻 号:9
ページ:169-172
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

49

6. 九州東部地方切支丹建築の研究

著者名:石川 徹
巻 号:9
ページ:173-176
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

50

7. 鹿児島藩郷土住宅の一例について

著者名:野村 孝文
巻 号:9
ページ:177-180
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

1~50件 / 全499件