論文検索

※姓と名の間には半角スペースを入れてください。

年 ~
月号

論文集技術報告集J-STAGE無料で閲覧できます。

検索結果

1~50件 / 全144件

1

表紙

著者名:
巻 号:28
ページ:
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

2

目次

著者名:
巻 号:28
ページ:A1-A14
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

3

材料・施工(中扉)

著者名:
巻 号:28
ページ:
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

4

1001 低温下で養生したセメント系硬化体の強度に関する研究(材料・施工)

著者名:鈴木 敏郎 / 滝口 克己 / 浦崎 宏治
巻 号:28
ページ:1-4
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

5

1002 セメント系硬化体の製造における最適水量自動調整二段階水和法(材料・施工)

著者名:鈴木 敏郎 / 滝口 克己
巻 号:28
ページ:5-8
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

6

1003 アルカリ化合物がモルタルバーの膨張に及ぼす影響(材料・施工)

著者名:二村 誠二 / 福島 正人
巻 号:28
ページ:9-12
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

7

1004 電気化学的測定による鉄筋腐食の検討 : かぶり厚さと水セメント比の影響(材料・施工)

著者名:鈴木 計夫 / 大野 義照 / 田村 博 / ソムヌク パパンタナトーン / 二宮 一
巻 号:28
ページ:13-16
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

8

1005 カソード部コンクリートが鉄筋腐食に及ぼす影響 : モデル実験による検討(材料・施工)

著者名:鈴木 計夫 / 大野 義照 / 田村 博 / 二宮 一 / ソムヌク パパンタナトーン
巻 号:28
ページ:17-20
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

9

1006 モルタル中の鋼材腐食に及ぼす塩化物の影響(材料・施工)

著者名:福島 正人 / 松原 光彦 / 二村 誠二 / 田中 康一郎
巻 号:28
ページ:21-24
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

10

1007 軽量鉄骨住宅の耐久性に関する研究 : 解体調査における腐食の評価(その2)(材料・施工)

著者名:石本 徳三郎 / 加藤 裕久 / 宮下 優
巻 号:28
ページ:25-28
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

11

1008 コンクリートの一軸拘束ひびわれ試験と壁試験体の収縮拘束ひびわれ性状(材料・施工)

著者名:鈴木 計夫 / 大野 義照 / 中川 隆夫 / 三浦 義礼
巻 号:28
ページ:29-32
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

12

1009 プレストレッシングによるコンクリート壁体の収縮ひびわれ制御 : その3. 壁試験体の収縮ひびわれ性状(材料・施工)

著者名:鈴木 計夫 / 大野 義照 / 三浦 義礼
巻 号:28
ページ:33-36
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

13

1010 プレストレッシングによるコンクリート壁体の収縮ひびわれ制御 : その4. 有限要素法による多層多スパンの収縮応力解析(材料・施工)

著者名:鈴木 計夫 / 大野 義照 / 三浦 義礼
巻 号:28
ページ:37-40
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

14

構造(中扉)

著者名:
巻 号:28
ページ:
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

15

2001 鉄筋とコンクリートの付着性状に関する研究 : III. ネジ切り加工棒鋼のリブの高さ及び間隔の影響(構造)

著者名:山田 稔 / 河村 廣 / 谷 明勲 / 張 伯亘
巻 号:28
ページ:41-44
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

16

2002 円形スパイラル筋によるコンファインドコンクリートを利用する部材の終局圧縮限界ひずみに関する基礎的研究(構造)

著者名:鈴木 計夫 / 中塚 佶 / 井上 和政
巻 号:28
ページ:45-48
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

17

2003 高強度せん断補強筋により横拘束された鉄筋コンクリートばりに関する実験的研究(構造)

著者名:六車 熙 / 角 彰 / 瀬川 輝夫 / 久徳 敏治
巻 号:28
ページ:49-52
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

18

2004 鉄筋コンクリート梁のせん断補強とと靱性に関する研究(構造)

著者名:六車 熙 / 渡辺 史夫 / 柿田 芳久 / 田頭 庄三
巻 号:28
ページ:53-56
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

19

2005 高強度コンクリートと高強度横補強筋を用いたRC円形柱のせん断耐力・変形特性(構造)

著者名:鈴木 計夫 / 中塚 佶 / 白沢 吉衛 / 安藤 邦彦 / 中田 浩之 / 山中 昌一
巻 号:28
ページ:57-60
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

20

2006 X形配筋柱の塑性変形能力に及ぼす帯筋の効果(構造)

著者名:塚本 尚由 / 倉本 洋 / 宮井 清忠 / 南 宏一
巻 号:28
ページ:61-64
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

21

2007 繰り返し曲げせん断を受ける円形X形配筋柱の弾塑性挙動(その1)(構造)

著者名:中川 裕史 / 石井 良和 / 福嶋 孝之 / 南 宏一 / 若林 實
巻 号:28
ページ:65-68
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

22

2008 X形配筋の合理的配筋法の開発研究(構造)

著者名:田村 真人 / 須磨 俊之 / 斉藤 駿三 / 南 宏一
巻 号:28
ページ:69-72
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

23

2009 変動軸力を受ける偏平な壁柱の弾塑性性状(その2)(構造)

著者名:田村 裕之 / 小山 卓 / 南 宏一
巻 号:28
ページ:73-76
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

24

2010 繰返し2方向曲げ・せん断を受ける鉄筋コンクリート柱の弾塑性性状(その1)(構造)

著者名:上原 広 / 池田 誠典 / 南 宏一
巻 号:28
ページ:77-80
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

25

2011 累加強度理論に基づくR/C部材のせん断設計式(構造)

著者名:倉本 洋 / 南 宏一
巻 号:28
ページ:81-84
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

26

2012 鉄筋コンクリート壁版におけるコンクリート圧縮強度の評価と限界変形(構造)

著者名:西山 峰広 / 六車 熙 / 星田 英俊
巻 号:28
ページ:85-88
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

27

2013 鉄筋コンクリート外部柱・梁接合部におけるせん断抵抗機構に関する考察(構造)

著者名:藤井 栄 / 紀本 享 / 森田 司郎
巻 号:28
ページ:89-92
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

28

2014 2方向外力を受ける柱はり接合部のせん断耐力(その2)(構造)

著者名:藤原 幹弘 / 酒井 雅之 / 西村 泰志 / 南 宏一
巻 号:28
ページ:93-96
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

29

2015 二方向X形配筋柱を有する柱梁接合部の耐力と変形性能(構造)

著者名:藤本 善久 / 村上 秀夫 / 倉本 洋 / 宮井 清忠 / 南 宏一
巻 号:28
ページ:97-100
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

30

2016 鉄筋コンクリート柱の電算機-アクチュエータオンライン実験による累積損傷説の検討(構造)

著者名:水畑 耕治 / 前田 幸典 / 清水 裕明 / 小林 俊樹
巻 号:28
ページ:101-104
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

31

2017 鉄筋コンクリート部材の履歴復元力特性の定式化法に関する基礎的研究(構造)

著者名:中村 武 / 谷田 憲司
巻 号:28
ページ:105-108
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

32

2019 新しいポストテンション工法によるプレストレストコンクリート試験梁の載荷試験結果(構造)

著者名:鈴木 計夫 / 倉内 実 / 南 敏和 / 白濱 昭二
巻 号:28
ページ:109-112
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

33

2020 円形補強筋をもつPC鋼材定着部の限界状態設計法に関する基礎的研究(構造)

著者名:鈴木 計夫 / 中塚 佶 / 佐々木 仁志 / 菅田 昌宏
巻 号:28
ページ:113-116
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

34

2021 高強度鉄筋を用いてプレストレスを導入したPRCはりの持続荷重下における曲げ性状(構造)

著者名:鈴木 計夫 / 大野 義照 / 白井 敏彦
巻 号:28
ページ:117-120
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

35

2022 高強度鉄筋を用いてプレストレスを導入した型枠兼用プレキャスト板に関する実験的研究(構造)

著者名:鈴木 計夫 / 大野 義照 / 鳥居 洋 / 白井 敏彦
巻 号:28
ページ:121-124
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

36

2023 PRC曲げ部材断面の終局限界点特性におよぼす各種要因の影響(構造)

著者名:鈴木 計夫 / 中塚 佶 / 井上 和政
巻 号:28
ページ:125-128
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

37

2025 鉄骨鉄筋コンクリート構造の荷重・耐力係数設計法に関する基礎研究(その1)(構造)

著者名:増田 英子 / 南 宏一
巻 号:28
ページ:129-132
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

38

2026 角形鋼管で拘束したX形配筋の合成柱の耐力とじん性(構造)

著者名:佐々木 良一 / 南 宏一 / 若林 實
巻 号:28
ページ:133-136
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

39

2027 鉄骨柱とプレキャスト板を頭付きスタッドで一体化した合成柱に関する研究 : 合成柱の力学的性能に関する予備的考察(構造)

著者名:五十嵐 定義 / 井上 一朗 / 辻岡 静雄 / 巌 〓煥 / 額谷 浩史
巻 号:28
ページ:137-140
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

40

2028 定軸圧を受ける充腹型鉄骨鉄筋コンクリート部材の弾塑性曲げ変形性状に関する研究 : バンドプレートの効果(構造)

著者名:山田 稔 / 河村 廣 / 谷 明勲 / 西内 健
巻 号:28
ページ:141-144
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

41

2029 複曲率交番繰り返し曲げせん断を受ける鉄骨鉄筋コンクリート柱の弾塑性変形並びに崩壊性状に関する研究 : V.N=1/3No,H/D=1,3,5, 一方向及び定変位振幅交番繰り返し実験(構造)

著者名:山田 稔 / 河村 廣 / 谷 明勲 / 松尾 世志浩
巻 号:28
ページ:145-148
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

42

2030 複曲率曲げせん断を受けるH形鋼SRC柱の弾塑性変形並びに疲労崩壊性状に関する研究 : IV:一方向載荷実験,b/t=15,10;H/D=1,3,5(構造)

著者名:山田 稔 / 河合 廣 / 谷 明勲 / 張 富明 / 角谷 嘉泰
巻 号:28
ページ:149-152
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

43

2031 複曲率曲げせん断を受けるH形鋼SRC柱の弾塑性変形並びに疲労崩壊性状に関する研究 : V. 耐力解析(構造)

著者名:山田 稔 / 河村 廣 / 谷 明勲 / 張 富明
巻 号:28
ページ:153-156
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

44

2032 超高強度コンクリートを内部充填した角形鋼管コンクリート柱に関する基礎的研究(構造)

著者名:岡本 達雄 / 前野 敏元 / 久徳 敏治 / 西澤 英和 / 金多 潔
巻 号:28
ページ:157-160
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

45

2033 高強度の鋼材を用いたSRC柱のせん断耐力(構造)

著者名:津田 和正 / 南 宏一
巻 号:28
ページ:161-164
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

46

2034 高張力鋼を用いたSRC柱の終局曲げ耐力と変形性能(その3)(構造)

著者名:河野 正 / 木村 崇浩 / 南 宏一
巻 号:28
ページ:165-168
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

47

2035 高張力鋼を用いたSRC柱の曲げ変形性能に関する理論的考察(構造)

著者名:岩田 修治 / 南 宏一
巻 号:28
ページ:169-172
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

48

2036 端部SRC造・中央部S造梁の弾性剛性に関する解析的研究(構造)

著者名:井上 一朗 / 辻岡 静雄 / 額谷 浩史 / 片山 丈仕 / 田中 利幸 / 瀬川 輝夫 / 久徳 敏治
巻 号:28
ページ:173-176
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

49

2037 鋼・コンクリート合成構造梁・柱接合部の弾塑性変形並びに疲労崩壊性状に関する研究 : II. 定変位振幅Ra=±0.063, Ra=±0.050(構造)

著者名:山田 稔 / 河村 廣 / 谷 明勲 / 野本 和章 / 森田 研一
巻 号:28
ページ:177-180
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

50

2038 鉄骨鉄筋コンクリート柱・梁接合部の弾塑性変形並びに疲労崩壊性状に関する研究 : XV. スチフナー溶接部の隅肉サイズの影響(構造)

著者名:山田 稔 / 河村 廣 / 谷 明勲 / 増田 学
巻 号:28
ページ:181-184
年月次:1988-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

1~50件 / 全144件