論文検索

詳細検索 閉じる

※姓と名の間には半角スペースを入れてください。

年 ~
月号

論文集技術報告集J-STAGE無料で閲覧できます。

検索結果

401~437件 / 全437件

401

供試体寸法とコンクリートの圧縮強度ならびに強度のバラツキとの関係 : 10φ×20cmと15φ×30cm供試体との関係および5φ×10cmと15φ×30cm供試体との関係

著者名:笠井 芳夫
巻 号:100
ページ:1-12
年月次:1964-07

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

402

1054 壁・柱コンクリートの高さ方向の性状変化に関する研究(第4報) : 配筋の有無,打込速度の遅速によるシュミットハンマーの反撥係数の変化について(材料・施工,昭和38年度(仙台)大会学術講演要旨集)

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫 / 横山 清
巻 号:89
ページ:54
年月次:1963-09

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

403

1056 壁・柱コンクリートの高さ方向の性状変化に関する研究(第6報) : 配筋の有無,打込速度の遅速による高さ方向の強度変化について(材料・施工,昭和38年度(仙台)大会学術講演要旨集)

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫 / 横山 清
巻 号:89
ページ:56
年月次:1963-09

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

404

6. モルタル・コンクリートの乾燥に関する研究(第6報) : コンクリートの乾燥に関する実験(1)(材料・施工関係)

著者名:笠井 芳夫 / 長谷川 重造 / 山崎 岩雄
巻 号:34
ページ:A21-A24
年月次:1963-05

[ 関東支部 ] [ 研究発表会梗概集 ] [ 支部研究報告 ]

405

7. モルタル・コンクリートの高温養生に関する研究(第1報) : コンクリートの蒸気養生に関する実験(1)(材料・施工関係)

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫 / 横山 清 / 平賀 友晃
巻 号:34
ページ:A25-A28
年月次:1963-05

[ 関東支部 ] [ 研究発表会梗概集 ] [ 支部研究報告 ]

406

No.1 混合セメントを用いたモルタル・コンクリートの養生温度と強度との関係に関する研究 (混合セメントの使用方法に関する研究)

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫
巻 号:925
ページ:243-244
年月次:1963-04

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

407

No.2 混合セメントを用いたコンクリートの型枠存置期間と強度との関係に関する研究 (混合セメントの使用方法に関する研究)

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫
巻 号:925
ページ:245-246
年月次:1963-04

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

408

4.モルタルおよびコンクリートの乾燥に関する研究 第4報 : 埋込丸棒鋼電極を用い電気抵抗により含水率を測定する方法について:その4 コンクリートによる一実験(第2部(材料・施工関係))

著者名:笠井 芳夫 / 横山 清
巻 号:33
ページ:A13-A16
年月次:1963-01

[ 関東支部 ] [ 研究発表会梗概集 ] [ 支部研究報告 ]

409

5.モルタルおよびコンクリートの乾燥に関する研究 第5報 : 埋込み網電極間の抵抗による含水率の測定 その1(第2部(材料・施工関係))

著者名:笠井 芳夫 / 石井 弘允 / 室井 徳雄
巻 号:33
ページ:A17-A20
年月次:1963-01

[ 関東支部 ] [ 研究発表会梗概集 ] [ 支部研究報告 ]

410

1041 壁・柱コンクリートの高さ方向の性状変化に関する研究第1報 : シュミットハンマーによる反〓係数の変化につて(材料・施工)

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫
巻 号:76
ページ:41
年月次:1962-09

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

411

1042 壁・柱コンクリートの高さ方向の性状変化に関する研究第2報 : 高さ方向の音速および動弾性係数の変化について(材料・施工)

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫 / 横山 清
巻 号:76
ページ:42
年月次:1962-09

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

412

1043 壁・柱コンクリートの高さ方向の性状変化に関する研究第3報 : 高さ方向の強度変化について(材料・施工)

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫
巻 号:76
ページ:43
年月次:1962-09

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

413

表面活性剤を用いたコンクリートについて : 空気量と有効水量減少率との関係および空気量と28日圧縮強度減少率との関係 (建築設備特集)

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫
巻 号:912
ページ:331-338
年月次:1962-05

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

414

3. モルタルおよびコンクリートの乾燥に関する研究 第I報 : 埋込丸棒鋼電極を用い電気抵抗により含水率を測定する方法について その1 序および予備実験1(材料・施工関係)

著者名:笠井 芳夫 / 寺内 良郎 / 横山 清
巻 号:2
ページ:9-12
年月次:1962-01

[ 関東支部 ] [ 研究発表会梗概集 ] [ 支部研究報告 ]

415

4. モルタルおよびコンクリートの乾燥に関する研究 第2報 : 埋込丸棒鋼電極を用い電気抵抗により含水率を測定する方法について その2 予備実験2(材料・施工関係)

著者名:笠井 芳夫 / 横山 清
巻 号:2
ページ:13-16
年月次:1962-01

[ 関東支部 ] [ 研究発表会梗概集 ] [ 支部研究報告 ]

416

5. モルタルおよびコンクリートの乾燥に関する研究 第3報 : 埋込丸棒鋼電極を用い電気抵抗により含水率を測定する方法について その3 モルタルによる一実験(材料・施工関係)

著者名:笠井 芳夫 / 横山 清
巻 号:2
ページ:17-20
年月次:1962-01

[ 関東支部 ] [ 研究発表会梗概集 ] [ 支部研究報告 ]

417

1030 フライアッシュを用いた軟練りコンクリートの有効水量およびJASS 5標準調合表を規準とした調合決定方法について(材料・施工)

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫
巻 号:69-1
ページ:117-120
年月次:1961-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

418

1031 フライアッシュを用いた軟練りコンクリートの空気量について(材料・施工)

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫 / 横山 清
巻 号:69-1
ページ:121-124
年月次:1961-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

419

3 モルタルおよびコンクリートの乾燥に関する研究 第I報 : 埋込丸棒鋼電極を用い電気抵抗により含水率を測定する方法について : その1 序および予備実験1

著者名:笠井 芳夫 / 寺内 良郎 / 横山 清
巻 号:59
ページ:9-12
年月次:1961-00

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

420

4 モルタルおよびコンクリートの乾燥に関する研究 第2報 : 埋込丸棒鋼電極を用い電気抵抗により含水率を測定する方法について : その2 予備実験2

著者名:笠井 芳夫 / 横山 清
巻 号:59
ページ:13-16
年月次:1961-00

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

421

5 モルタルおよびコンクリートの乾燥に関する研究 第3報 : 埋込丸棒鋼電極を用い電気抵抗により含水率を測定する方法について : その3 モルタルによる一実験

著者名:笠井 芳夫 / 横山 清
巻 号:59
ページ:17-20
年月次:1961-00

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

422

1017 コンクリートのワーカビリチ試験 : 未だ固らないコンクリートのフルイ分けによる方法(材料・施工)

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫 / 横山 清
巻 号:66-1
ページ:65-68
年月次:1960-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

423

1028 軽量コンクリートのポアソン数(材料・施工)

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫
巻 号:66-1
ページ:109-112
年月次:1960-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

424

1049 表面活性剤を用いたコンクリートの振動による空気量の損失について(材料・施工)

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫
巻 号:63-1
ページ:193-196
年月次:1959-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

425

1050 表面活性剤を用いたコンクリートの有効水量について(材料・施工)

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫
巻 号:63-1
ページ:197-200
年月次:1959-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

426

1012 コンクリートのワーカビリチに関する研究(材料・施工)

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫
巻 号:60-1
ページ:45-48
年月次:1958-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

427

初期緩結コンクリートの性質の応用

著者名:笠井 芳夫
巻 号:863
ページ:73-74
年月次:1958-10

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

428

コンクリートの再振動の効果

著者名:笠井 芳夫
巻 号:863
ページ:74-75
年月次:1958-10

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

429

1.2. コンクリートの強度に関する研究(第8・9報) : 圧縮強度および弾性係数について

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫
巻 号:40
ページ:1-8^4
年月次:1957-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

430

Building Research Stationにおけるコンクリートへのbonded-wire電気抵抗歪ゲージの研究室的使用

著者名:笠井 芳夫
巻 号:853
ページ:48-49
年月次:1957-12

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

431

112 コンクリートの降伏点に関する研究(1報) : 普通コンクリートの応力度-歪度曲線式及び降伏点決定のための準備(材料・施工)

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫
巻 号:57-1
ページ:45-48
年月次:1957-07

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

432

113 コンクリートの降伏点に関する研究(2報) : 塑性歪を考慮したコンクリートの降伏点 : 接線弾性係数と塑性歪度の対応(材料・施工)

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫
巻 号:57-1
ページ:49-52
年月次:1957-07

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

433

113 コンクリートの疲労に関する実験的研究 : 疲労限度以上の繰返し圧縮荷重を受ける場合(材料・施工)

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫
巻 号:54
ページ:49-52
年月次:1956-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

434

16. コンクリートの強度に関する研究 第6報 : (其の3) 埋込釘の引抜による強度判定法 : 釘引抜後の破壊面の性状, 埋込深さ, 及び引抜力と圧縮強度との相関等について (モルタルの場合)

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫
巻 号:34
ページ:71-74
年月次:1955-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

435

4 現場打コンクリートの強度に関する研究 第3報 : 現場に於ける実験 其の2

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫
巻 号:32
ページ:13-16
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

436

5. 現場打コンクリートの強度に関する研究 第一報 : 現場に於ける予備実驗 其の1

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫
巻 号:28-2
ページ:17-21
年月次:1954-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

437

6. 現場打コンクリートの強度に関する研究 第二報 : コンクリートの打継について (キャッピングの厚さ) 其の1

著者名:松井 嘉孝 / 笠井 芳夫
巻 号:28-2
ページ:22-24
年月次:1954-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

401~437件 / 全437件