論文検索

詳細検索 閉じる

※姓と名の間には半角スペースを入れてください。

年 ~
月号

論文集技術報告集J-STAGE無料で閲覧できます。

検索結果

1~11件 / 全11件

1

21485 構造ヘルスモニタリングと余震リスクに基づく建物継続使用の即時判定支援についての検討 : その1 基本的な考え方(損傷判定手法,構造II,学術講演会・建築デザイン発表会)

著者名:倉田 真宏 / 鈴木 明子 / 新本 翔太 / 李 小華
巻 号:2015
ページ:969-970
年月次:2015-09

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

2

21486 構造ヘルスモニタリングと余震リスクに基づく建物継続使用の即時判定支援についての検討 : その2 継続使用の指標(損傷判定手法,構造II,学術講演会・建築デザイン発表会)

著者名:新本 翔太 / 鈴木 明子 / 倉田 真宏 / 李 小華
巻 号:2015
ページ:971-972
年月次:2015-09

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

3

21501 E-ディフェンスを利用した床スラブ付き超高層鋼構造建物崩壊実験における鋼梁の局所損傷推定(局所的損傷検知,構造II,学術講演会・建築デザイン発表会)

著者名:峰岸 楓 / 倉田 真宏 / 李 小華 / 鈴木 明子
巻 号:2015
ページ:1001-1002
年月次:2015-09

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

4

局所損傷同定とモデル更新による被災鋼構造骨組の残存耐震性能評価 その1 振動台実験

著者名:西野 博道 / 鈴木 明子 / 倉田 真宏 / 峰岸 楓 / 李 小華 / 白 涌滔
巻 号:55
ページ:165-168
年月次:2015-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

5

局所損傷同定とモデル更新による被災鋼構造骨組の残存耐震性能評価 その2 残存耐震性能の評価

著者名:鈴木 明子 / 西野 博道 / 倉田 真宏 / 峰岸 楓 / 李 小華 / 白 涌滔
巻 号:55
ページ:169-172
年月次:2015-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

6

E‐ディフェンス超高層骨組崩壊実験における鋼梁の局所損傷推定

著者名:峰岸 楓 / 倉田 真宏 / 李 小華 / 鈴木 明子
巻 号:55
ページ:173-176
年月次:2015-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

7

建物モニタリングと余震ハザード推定を利用した継続使用判定支援 その1 建物の損傷予測

著者名:倉田 真宏 / 鈴木 明子 / 新本 翔太 / 李 小華
巻 号:55
ページ:177-180
年月次:2015-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

8

2122 微振動下の内力分布推定に基づく鋼構造柱梁接合部の局所損傷定量化 : その1 実験手法と損傷度の定義(構造)

著者名:倉田 真宏 / 鈴木 明子 / 峰岸 楓 / 李 小華 / 中島 正愛
巻 号:54
ページ:517-520
年月次:2014-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

9

2123 微振動下の内力分布推定に基づく鋼構造柱梁接合部の局所損傷定量化 : その2 損傷指標の抽出とモデル更新(構造)

著者名:鈴木 明子 / 倉田 真宏 / 峰岸 楓 / 李 小華 / 中島 正愛
巻 号:54
ページ:521-524
年月次:2014-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

10

21051 サイバー環境を利用した高密度センシング網による鋼構造建物部材損傷度の可視化 : その1:サイバープラットフォームの構成(リアルタイムモニタリング,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

著者名:山崎 友也 / 藤田 皓平 / 倉田 真宏 / 李 小華
巻 号:2013
ページ:101-102
年月次:2013-08

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

11

21052 サイバー環境を利用した高密度センシング網による鋼構造建物部材損傷度の可視化 : その2:ベンチマーク試験(リアルタイムモニタリング,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

著者名:藤田 皓平 / 倉田 真宏 / 李 小華 / 山崎 友也
巻 号:2013
ページ:103-104
年月次:2013-08

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

1~11件 / 全11件