論文検索

詳細検索 閉じる

※姓と名の間には半角スペースを入れてください。

年 ~
月号

論文集技術報告集J-STAGE無料で閲覧できます。

検索結果

251~266件 / 全266件

251

33. 圓筒法による熱傅導率測定について (第8報) : 粒状粉末状の場合 (2) : コークスについて

著者名:小林 陽太郎
巻 号:18
ページ:212-213
年月次:1952-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

252

105. 円筒法による熱伝導率測定法について(第7報) : 繊維質保温材 : ガラスファイバー

著者名:小林 陽太郎
巻 号:17
ページ:418-421
年月次:1952-03

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

253

65 吸音材によるダクト内騒音の減衰について

著者名:小林 陽太郎 / 大沢 秀行
巻 号:16
ページ:248-251
年月次:1951-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

254

40. 円筒法による熱傅導率測定法 (第6報) : 不定常状態に於ける計算

著者名:小林 陽太郎
巻 号:15
ページ:155-158
年月次:1951-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

255

26. 保温材としての岩綿の諸性質について

著者名:小林 陽太郎
巻 号:12
ページ:101-104
年月次:1951-06

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

256

37. 円筒法による保温材の熱傅導率測定について (第5報) : 円筒形保温体の場合

著者名:小林 陽太郎
巻 号:11
ページ:146-149
年月次:1951-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

257

12) 保温材に關する研究(1) : 圓筒法による保温材の傳熱導率測定法並びに線状纎維質保温材と粒状保温材の熱傳導率に及ぼす物理的性質に關する考察について

著者名:小林 陽太郎
巻 号:42
ページ:107-116
年月次:1951-02

[ 日本建築學會論文集 ] [ 論文集 ]

258

32 円筒法による保温材の熱伝導率測定について (第四報)

著者名:小林 陽太郎
巻 号:8
ページ:120-123
年月次:1950-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

259

15. 円筒法による保温材の熱傅導率測定について (第3報)

著者名:小林 陽太郎
巻 号:7
ページ:223-226
年月次:1950-08

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

260

39 円筒法による保温材の熱傅導率測定について

著者名:小林 陽太郎
巻 号:6
ページ:148-151
年月次:1950-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

261

69 日射を受けるコンクリート家屋の実験

著者名:平山 嵩 / 小林 陽太郎 / 斉藤 平藏
巻 号:5
ページ:1-4
年月次:1950-01

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

262

83. ある岩綿の熱傳導率測定について

著者名:平山 嵩 / 小林 陽太郎 / 斉藤 平藏
巻 号:4
ページ:459-463
年月次:1949-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

263

9. 円筒法による岩綿の保温効果測定について

著者名:小林 陽太郎
巻 号:3
ページ:147-152
年月次:1949-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

264

29. 岩綿の振動による沈下試験について

著者名:小林 陽太郎
巻 号:2
ページ:119-124
年月次:1949-07

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

265

48. ある講堂に於ける聴取明瞭度試驗について

著者名:小林 陽太郎 / 石井 聖光
巻 号:2
ページ:209-212
年月次:1949-07

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

266

6. 岩綿の振動による沈下試験について

著者名:小林 陽太郎
巻 号:1
ページ:2-98"-"2-102
年月次:1949-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

251~266件 / 全266件