論文検索

詳細検索 閉じる

※姓と名の間には半角スペースを入れてください。

年 ~
月号

論文集技術報告集J-STAGE無料で閲覧できます。

検索結果

1~16件 / 全16件

1

因果性に基づく減衰モデルの動的陽解法への適用性検討 

著者名:太田 成 / 中村 尚弘 / 茂木 良宏
巻 号:786
ページ:1168-1179
年月次:2021-08

[ 系列 ] [ 構造系 ] [ 日本建築学会構造系論文集 ] [ 論文集 ]

2

拡張Rayleigh減衰モデルの3次元骨組解析への適用 弾性応答解析における内部粘性減衰の評価

著者名:茂木 良宏 / 中村 尚弘 / 太田 成
巻 号:783
ページ:738-748
年月次:2021-05

[ 系列 ] [ 構造系 ] [ 日本建築学会構造系論文集 ] [ 論文集 ]

3

23299 あと施工プレート定着型せん断補強筋を用いて補強したRC面部材のせん断耐力 その1 工法と実験の概要

著者名:太田 成 / 渡辺 英義 / 平松 昌子 / 小野 英雄
巻 号:2020
ページ:597-598
年月次:2020-09

[ 年次分冊区分 ] [ 構造IV (2012 ~ 現在) ] [ 構造IV ] [ 学術講演梗概集DVD ]

4

23300 あと施工プレート定着型せん断補強筋を用いて補強したRC面部材のせん断耐力 その2 せん断設計法

著者名:小野 英雄 / 渡辺 英義 / 太田 成 / 平松 昌子
巻 号:2020
ページ:599-600
年月次:2020-09

[ 年次分冊区分 ] [ 構造IV (2012 ~ 現在) ] [ 構造IV ] [ 学術講演梗概集DVD ]

5

21577 統計解析に基づく建屋3次元FEMモデルによる床応答評価

著者名:太田 成 / 小野 英雄 / 鈴木 俊一 / 澤田 昌孝
巻 号:2019
ページ:1153-1154
年月次:2019-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

6

21591 剛飛翔体の中速度衝突を受ける鉄筋コンクリート版の衝撃応答に関する基礎的研究

著者名:笠置 昌寿 / 太田 成 / 宇賀田 健 / 川上 洋介 / Olmati Pierluigi / 片岡 新之介 / 別府 万寿博
巻 号:2019
ページ:1181-1182
年月次:2019-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

7

21598 粒子法による剛飛翔体の中速度衝突を受けるコンクリート版及びUFC版の局部破壊解析

著者名:笠置 昌寿 / 太田 成 / 神田 繁 / 小尾 博俊 / 宇賀田 健
巻 号:2018
ページ:1195-1196
年月次:2018-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

8

21567 3次元FEMモデルを用いた断面検討におけるクライテリアの設定

著者名:田邉 祥平 / 梅木 芳人 / 大河内 靖雄 / 石川 慎也 / 宇賀田 健 / 太田 成
巻 号:2017
ページ:1133-1134
年月次:2017-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

9

223 アダプティブ機能を有するハイブリッド型応力法杭要素 : (その3)アダプティブ機能1に関する数値実験

著者名:太田 成 / 近藤 一夫
巻 号:34
ページ:121-124
年月次:2011-03

[ 中国支部 ] [ 日本建築学会中国支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

10

224 アダプティブ機能を有するハイブリッド型応力法杭要素 : (その4)地盤の非線形性を考慮した定式化

著者名:太田 成 / 近藤 一夫
巻 号:34
ページ:125-128
年月次:2011-03

[ 中国支部 ] [ 日本建築学会中国支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

11

20125 アダプティブ機能を有するハイブリッド型応力法杭要素(力学基礎理論,構造I)

著者名:太田 成 / 近藤 一夫
巻 号:2010
ページ:249-250
年月次:2010-07

[ 年次分冊区分 ] [ B-1.構造I.荷重、信頼性、応用力学、構造解析、基礎構造、シェル、立体構造、膜構造 (1995 ~ 2011) ] [ 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造 ] [ 大会梗概集 ]

12

207 任意点に半剛節を有する梁要素の剛性方程式 : 2.複数点に半剛節を有する場合(建築構造)

著者名:川端 康洋 / 稲田 祐二 / 太田 成
巻 号:33
ページ:207-1"-"207-4
年月次:2010-03

[ 中国支部 ] [ 日本建築学会中国支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

13

212 アダプティブ機能を有するハイブリッド型応力法杭要素 : (その1)定式化(建築構造)

著者名:太田 成 / 近藤 一夫
巻 号:33
ページ:212-1"-"212-4
年月次:2010-03

[ 中国支部 ] [ 日本建築学会中国支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

14

213 アダプティブ機能を有するハイブリッド型応力法杭要素 : (その2)アダプティブ機能の概要といくつかの数値実験(建築構造)

著者名:太田 成 / 近藤 一夫
巻 号:33
ページ:213-1"-"213-4
年月次:2010-03

[ 中国支部 ] [ 日本建築学会中国支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

15

20188 任意点に半剛節を有する梁要素の剛性行列の誘導(梁解祈,構造I)

著者名:太田 成 / 稲田 祐二 / 川端 康洋
巻 号:2009
ページ:375-376
年月次:2009-07

[ 年次分冊区分 ] [ B-1.構造I.荷重、信頼性、応用力学、構造解析、基礎構造、シェル、立体構造、膜構造 (1995 ~ 2011) ] [ 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造 ] [ 大会梗概集 ]

16

206 骨組の弾塑性解析法 : その2.中間ヒンジを有する部材の剛性方程式とその応用(建築構造)

著者名:太田 成 / 稲田 祐二 / 川端 康洋
巻 号:31
ページ:206-1"-"206-4
年月次:2008-03

[ 中国支部 ] [ 日本建築学会中国支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

1~16件 / 全16件