論文検索

詳細検索 閉じる

※姓と名の間には半角スペースを入れてください。

年 ~
月号

論文集技術報告集J-STAGE無料で閲覧できます。

検索結果

1~21件 / 全21件

1

21009 想定南海地震における都市規模の建物被害予測 -行政データ情報に基づく鋼構造建築物を対象として-

著者名:本田 理奈 / 大谷 英之 / 永野 康行
巻 号:2022
ページ:17-18
年月次:2022-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

2

21201 都市規模の建物被害予測における鋼構造建築物の構造計画の違いによるモデル化に関する研究

著者名:筒井 寛太 / 本田 理奈 / 大谷 英之 / 永野 康行
巻 号:2022
ページ:401-402
年月次:2022-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

3

建物個別属性を利用した時刻歴応答解析手法と経験的手法による建物被害予測の総合評価

著者名:本田 理奈 / 大谷 英之 / 永野 康行
巻 号:62
ページ:185-188
年月次:2022-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

4

21014 想定南海地震における都市規模の建物被害予測 -兵庫県南あわじ市福良地区を対象として-

著者名:本田 理奈 / 大谷 英之 / 永野 康行
巻 号:2021
ページ:27-28
年月次:2021-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

5

想定南海地震における都市規模の建物被害予測 -兵庫県南あわじ市福良地区を対象として-

著者名:本田 理奈 / 大谷 英之 / 永野 康行
巻 号:61
ページ:257-260
年月次:2021-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

6

21112 想定南海地震における都市規模の建物被害予測 -兵庫県加古川市養田南地区を対象として-

著者名:本田 理奈 / 大谷 英之 / 永野 康行
巻 号:2020
ページ:223-224
年月次:2020-09

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

7

21113 都市規模を想定した鋼構造建物モデル群を用いた時刻歴地震応答解析

著者名:永野 康行 / 細江 英侍 / 大谷 英之
巻 号:2020
ページ:225-226
年月次:2020-09

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

8

21164 建築物の設計情報を利用した地震応答解析用モデルの構築

著者名:吉岡 幹広 / 大谷 英之 / 永野 康行
巻 号:2020
ページ:327-328
年月次:2020-09

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

9

想定南海地震における都市規模の建物被害予測 ?兵庫県加古川市養田南地区を対象として?

著者名:本田 理奈 / 吉岡 幹広 / 大谷 英之 / 永野 康行
巻 号:60
ページ:41-44
年月次:2020-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

10

都市における鋼構造建物モデル群を用いた時刻歴地震応答解析

著者名:細江 英侍 / 大谷 英之 / 永野 康行
巻 号:60
ページ:61-64
年月次:2020-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

11

建築物の設計情報を利用した地震応答解析の建物モデル構築手法の提案

著者名:吉岡 幹広 / 大谷 英之 / 永野 康行
巻 号:60
ページ:153-156
年月次:2020-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

12

21170 都市における複数規模の地震動による建物応答シミュレーション 建物応答結果を用いたドア枠と天井の被害予測

著者名:白井 茉似那 / 大谷 英之 / 永野 康行
巻 号:2019
ページ:339-340
年月次:2019-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

13

21299 シミュレーションに基づく周囲の耐震性と耐震化に対する意識調査

著者名:吉岡 幹広 / 大谷 英之 / 永野 康行
巻 号:2019
ページ:597-598
年月次:2019-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

14

都市における複数規模の地震動による建物応答シミュレーション -建物応答結果を用いたドア枠と天井の被害予測-

著者名:白井 茉似那 / 大谷 英之 / 永野 康行
巻 号:59
ページ:25-28
年月次:2019-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

15

対象建物の周囲の耐震性と居住者の安心感の関係

著者名:吉岡 幹広 / 大谷 英之 / 永野 康行
巻 号:59
ページ:33-36
年月次:2019-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

16

21274 都市における地震時建物応答シミュレーションに基づく天井被害予測 神戸市中央区における鋼構造建築物を対象として

著者名:増田 幸枝 / 大谷 英之 / 永野 康行
巻 号:2018
ページ:547-548
年月次:2018-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

17

建築物の時刻歴応答解析による地震時における鋼製ドアの損傷予測

著者名:前田 華伊 / 大谷 英之 / 永野 康行
巻 号:58
ページ:185-188
年月次:2018-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

18

都市における地震時建物応答シミュレーションに基づく天井被害予測 -神戸市中央区における鋼構造建築物を対象として-

著者名:増田 幸枝 / 大谷 英之 / 永野 康行
巻 号:58
ページ:193-196
年月次:2018-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

19

複数層(レイヤー)の重ね合わせマップの作成 -建物被害率注意度と要援護者分布の重ね合わせ-

著者名:白井 茉似那 / 大谷 英之 / 永野 康行
巻 号:58
ページ:197-200
年月次:2018-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

20

21193 複数回の地震動を受ける都市の建物被害予測

著者名:富永 翔太 / 大谷 英之 / 永野 康行
巻 号:2017
ページ:385-386
年月次:2017-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

21

8159 地震動を受ける木造建物の復旧費用と耐震改修費用の算定及びそれらの経済波及効果

著者名:成田 健吾 / 大谷 英之 / 永野 康行
巻 号:2017
ページ:317-318
年月次:2017-07

[ 年次分冊区分 ] [ 建築社会システム (2012 ~ 現在) ] [ 建築社会システム ] [ 学術講演梗概集DVD ]

1~21件 / 全21件