論文検索

詳細検索 閉じる

※姓と名の間には半角スペースを入れてください。

年 ~
月号

論文集技術報告集J-STAGE無料で閲覧できます。

検索結果

1~9件 / 全9件

1

P-δ効果を考慮した超高層RC造建築物の残留変形の評価 

著者名:出水 俊彦 / 北村 春幸 / 増田 和暉
巻 号:722
ページ:703
年月次:2016-04

[ 構造系 ] [ 日本建築学会構造系論文集 ] [ 論文集 ]

2

21152 複数回地震入力を受ける超高層鉄筋コンクリート造建築物のP-δ効果の影響:P-δ効果が最大応答に及ぼす影響(応答特性とその評価(5),構造II,学術講演会・建築デザイン発表会)

著者名:萩原 武尊 / 出水 俊彦 / 増田 和暉 / 北村 春幸
巻 号:2015
ページ:303-304
年月次:2015-09

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

3

21203 P-δ効果が超高層RC造建物の残留変形に及ぼす影響とその評価(応答特性とその評価(14),構造II,学術講演会・建築デザイン発表会)

著者名:増田 和暉 / 出水 俊彦 / 北村 春幸
巻 号:2015
ページ:405-406
年月次:2015-09

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

4

2089 複数回地震入力を受ける超高層RC造建物の応答にP-δ効果が及ぼす影響についての研究(構造)

著者名:萩原 武尊 / 出水 俊彦 / 増田 和暉 / 北村 春幸
巻 号:85
ページ:561-564
年月次:2015-03

[ 関東支部 ] [ 日本建築学会関東支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

5

2093 P-δ効果がRC造建物の残留変形に及ぼす影響(構造)

著者名:増田 和暉 / 出水 俊彦 / 北村 春幸
巻 号:85
ページ:577-580
年月次:2015-03

[ 関東支部 ] [ 日本建築学会関東支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

6

21527 S造とRC造の復元力特性の違いによるP-δ効果の影響 : (その3)S造とRC造の残留変形(復元力特性・モデル化(1),構造II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

著者名:増田 和暉 / 出水 俊彦 / 北村 春幸
巻 号:2014
ページ:1053-1054
年月次:2014-09

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

7

2083 P-δ効果を考慮した超高層RC造建物の残留変形に関する応答評価(構造)

著者名:増田 和暉 / 出水 俊彦 / 北村 春幸
巻 号:84
ページ:625-628
年月次:2014-02

[ 関東支部 ] [ 日本建築学会関東支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

8

21544 S造とRC造の復元力特性の違いによるP-δ効果の影響 : (その1) P-δ効果を考慮したS造とRC造の最大応答(応答予測(3),構造II,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

著者名:増田 和暉 / 出水 俊彦 / 北村 春幸
巻 号:2013
ページ:1087-1088
年月次:2013-08

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

9

21545 S造とRC造の復元力特性の違いによるP-δ効果の影響 : (その2) 歪エネルギーに着目したRC造の最大応答(応答予測(3),構造II,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

著者名:出水 俊彦 / 増田 和暉 / 北村 春幸
巻 号:2013
ページ:1089-1090
年月次:2013-08

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

1~9件 / 全9件