論文検索

詳細検索 閉じる

※姓と名の間には半角スペースを入れてください。

年 ~
月号

論文集技術報告集J-STAGE無料で閲覧できます。

検索結果

51~100件 / 全105件

51

「建築年鑑'60」 : 建築年鑑編集会議編

著者名:向井 正也 / 島田 家弘
巻 号:888
ページ:476
年月次:1960-08

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

52

5003 近代建築におけるANONYMITYの問題(歴史・意匠)

著者名:向井 正也
巻 号:63-2
ページ:521-524
年月次:1959-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

53

60. 建築的スケールの諸問題(その2) : スケールの喪失についての覚書

著者名:向井 正也
巻 号:46
ページ:318-321
年月次:1959-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

54

建築的スケールの諸問題(その1) : 予備的考察

著者名:向井 正也
巻 号:45
ページ:200-203
年月次:1959-03

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

55

5006 建築的空間についての一試論(意匠・歴史)

著者名:向井 正也
巻 号:60-2
ページ:545-548
年月次:1958-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

56

言葉の魔術と建築論 : 篠原一男氏の反論にこたえて

著者名:向井 正也
巻 号:859
ページ:25-27
年月次:1958-06

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

57

篠原氏に答える

著者名:向井 正也
巻 号:855
ページ:38
年月次:1958-02

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

58

41. 近代建築における"VOLUME"の概念(I) : その発生及び発展をめぐって

著者名:向井 正也
巻 号:41
ページ:217-220
年月次:1957-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

59

42. 近代建築における"VOLUME"の概念(II) : その意味をめぐって

著者名:向井 正也
巻 号:41
ページ:221-224
年月次:1957-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

60

43. 近代建築における"VOLUME"の概念(III) : "volume"の表現方法

著者名:向井 正也
巻 号:41
ページ:225-228
年月次:1957-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

61

鳥田家弘(欠講)「A.W.N.Puginに関する諸評価」 (意匠・歴史) (北海道連合大会特集)

著者名:向井 正也
巻 号:852
ページ:54
年月次:1957-11

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

62

渡部貞清「現代建築における全人間的考察への序説」 (意匠・歴史) (北海道連合大会特集)

著者名:向井 正也
巻 号:852
ページ:54
年月次:1957-11

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

63

向井正也「センセーショナリズムの建築序説(その2)」 (意匠・歴史) (北海道連合大会特集)

著者名:向井 正也
巻 号:852
ページ:54
年月次:1957-11

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

64

伊藤 行「現代建築の表現について」 (意匠・歴史) (北海道連合大会特集)

著者名:向井 正也
巻 号:852
ページ:54
年月次:1957-11

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

65

嶋田勝次(欠講)「建築における批評方法の問題点」 (意匠・歴史) (北海道連合大会特集)

著者名:向井 正也
巻 号:852
ページ:54
年月次:1957-11

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

66

篠原一男(欠講)「開放的な空間という意味」 (意匠・歴史) (北海道連合大会特集)

著者名:向井 正也
巻 号:852
ページ:54-55
年月次:1957-11

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

67

高田克己「数奇の意味」 (意匠・歴史) (北海道連合大会特集)

著者名:向井 正也
巻 号:852
ページ:55
年月次:1957-11

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

68

堀口甚吉「Paris近郊Noisielに建てられたChocolate工場建築の鉄骨構造とAmerica Skyscraaper 発達との関係 S.Giedionの所説批判」 (意匠・歴史) (北海道連合大会特集)

著者名:向井 正也
巻 号:852
ページ:55
年月次:1957-11

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

69

3. 機能主義理論の問題点(批判的考察)

著者名:向井 正也
巻 号:38
ページ:332-339
年月次:1957-08

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

70

12. Henry van de Veideの思想

著者名:向井 正也
巻 号:38
ページ:377-382
年月次:1957-08

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

71

503 センセーショナリズムの建築・序説(その2) : 劇的効果の追求について(意匠・歴史)

著者名:向井 正也
巻 号:57-2
ページ:417-420
年月次:1957-07

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

72

44. テクスチュア感覚と写真(その1)

著者名:向井 正也
巻 号:36
ページ:206-209
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

73

45. テクスチュア感覚と写真(その2)

著者名:向井 正也
巻 号:36
ページ:210-213
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

74

503 センセーシヨナリズムの建築・序説(その1) : 極限主義的指向性について(意匠・歴史)

著者名:向井 正也
巻 号:54
ページ:765-768
年月次:1956-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

75

46 テクスチュアについてIV : 感覚としてのテクスチュア

著者名:向井 正也
巻 号:35-1
ページ:505-508
年月次:1956-06

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

76

47 テクスチュアについて : テクスチュア感覚とキュビズムの関連性

著者名:向井 正也
巻 号:35-1
ページ:509-512
年月次:1956-06

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

77

39. テクスチュアについてIII : 表面処理における視覚的効果

著者名:向井 正也
巻 号:34
ページ:1-5
年月次:1955-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

78

431 TEXTUREについて (II) : その意識の発生とキュビスム

著者名:向井 正也
巻 号:33-2
ページ:175-176
年月次:1955-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

79

95. 対照について (I)

著者名:向井 正也
巻 号:30
ページ:1-4
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

80

98. 対照について (II) : 》TEXTURE-CONTRAST《

著者名:向井 正也
巻 号:30
ページ:1-4
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

81

99. 対称について (III) : 》FORM-CONTRAST《

著者名:向井 正也
巻 号:30
ページ:1-4
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

82

38. 構成主義的語法 (その1)

著者名:向井 正也
巻 号:30
ページ:1-4
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

83

38. 構成主義的語法 (その2) : <空間の表現性について>

著者名:向井 正也
巻 号:30
ページ:1-4
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

84

423 CONTRASTについて

著者名:向井 正也
巻 号:31-2
ページ:155-156
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

85

75.構成主義的語法(その3) : 面体の処理と平面計画(厂史・意匠)

著者名:向井 正也
巻 号:28-1
ページ:75-1"-"75-4
年月次:1954-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

86

509. SOPHISTICATED ARCHITECTECTURE (I) : その予備的考察

著者名:向井 正也
巻 号:29-2
ページ:165-166
年月次:1954-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

87

341 建築における当為の問題点

著者名:向井 正也
巻 号:27
ページ:317-318
年月次:1954-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

88

63. ライト対コルビュジエ

著者名:向井 正也
巻 号:25
ページ:285-288
年月次:1954-02

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

89

2 VOLUMEの強調 (2) : 壁面処理について

著者名:向井 正也
巻 号:24
ページ:3-4
年月次:1953-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

90

120. 『Volumeの強調』ということ

著者名:向井 正也
巻 号:23
ページ:480-483
年月次:1953-08

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

91

121. 「Volumeの強調」と Space-Time という概念

著者名:向井 正也
巻 号:23
ページ:484-487
年月次:1953-08

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

92

21 アメリカ・モダニズムの発展 (6) : 確立をめぐる考察

著者名:向井 正也
巻 号:22
ページ:187-188
年月次:1953-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

93

202 アメリカ・モダニズムの発展 : 過渡期における形式的変化について

著者名:向井 正也
巻 号:21
ページ:862-867
年月次:1953-03

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

94

206 近代建築の思潮的性格

著者名:向井 正也
巻 号:21
ページ:880-883
年月次:1953-03

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

95

18 アメリカ・モダニズムの発展(4) : 起点をめぐる考察

著者名:向井 正也
巻 号:20
ページ:197-198
年月次:1952-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

96

138. アメリカモダニズムの発展 (3) : M.M.A 建築部の運動について

著者名:向井 正也
巻 号:19
ページ:516-520
年月次:1952-09

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

97

169. 近代主義の規定をめぐって

著者名:向井 正也
巻 号:17
ページ:677-680
年月次:1952-03

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

98

171. アメリカ・モダニズムの発展 (2) : その基礎的考察

著者名:向井 正也
巻 号:17
ページ:685-688
年月次:1952-03

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

99

24. 建築と絵画の関連性 (II) : 近代主義の限界について

著者名:向井 正也
巻 号:15
ページ:91-94
年月次:1951-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

100

54. 建築と絵画の関連性 (I)

著者名:向井 正也
巻 号:13
ページ:220-223
年月次:1951-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

51~100件 / 全105件