論文検索

詳細検索 閉じる

※姓と名の間には半角スペースを入れてください。

年 ~
月号

論文集技術報告集J-STAGE無料で閲覧できます。

検索結果

1~50件 / 全168件

1

緩勾配二重膜屋根における換気廃熱を利用した融雪による屋根雪処理に関する実験的研究

著者名:千葉 隆弘 / 山口 英治 / 渡邊 朋宏
巻 号:73
ページ:1221-1226
年月次:2023-10

[ 日本建築学会技術報告集 ] [ 技術報告集 ]

2

1242 寒中コンクリート工事における加熱養生空間の熱流体解析

著者名:古川 和洋 / 深瀬 孝之 / 千葉 隆弘
巻 号:2023
ページ:483-484
年月次:2023-07

[ 年次分冊区分 ] [ 材料施工 (2012 ~ 現在) ] [ 材料施工 ] [ 学術講演梗概集DVD ]

3

20015 木造住宅における振動による屋根雪と構造体との動的相互作用に関する研究

著者名:佐々木 寛誠 / 千葉 隆弘
巻 号:2023
ページ:29-30
年月次:2023-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

4

20018 北海道における年最大積雪重量の経年変化と住家被害との関係

著者名:千葉 隆弘 / 堤 拓哉 / 高橋 徹
巻 号:2023
ページ:35-36
年月次:2023-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

5

20019 豪雪地帯における連続切妻屋根のヒーティングによる雪庇対策の屋外実験

著者名:千葉 隆光 / 千葉 隆弘
巻 号:2023
ページ:37-38
年月次:2023-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

6

20026 積灰の粒径分布が降雨時の積灰荷重に及ぼす影響

著者名:山本 剛 / 堤 拓哉 / 千葉 隆弘
巻 号:2023
ページ:51-52
年月次:2023-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

7

陸屋根建築物における軒先の雪庇に関する研究 雪庇の風速依存性を考慮した屋根形状係数に基づく雪庇形成箇所の推定法

著者名:千葉 隆弘 / 大槻 政哉
巻 号:808
ページ:898-908
年月次:2023-06

[ 系列 ] [ 構造系 ] [ 日本建築学会構造系論文集 ] [ 論文集 ]

8

北海道における雪による建物被害と年最大積雪重量との関係について

著者名:千葉 隆弘 / 堤 拓哉 / 高橋 徹
巻 号:96
ページ:65-68
年月次:2023-06

[ 支部名 ] [ 北海道支部 ] [ 日本建築学会北海道支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

9

木造住宅における振動による屋根雪と構造体との動的相互作用に関する研究

著者名:佐々木 寛誠 / 千葉 隆弘
巻 号:96
ページ:105-108
年月次:2023-06

[ 支部名 ] [ 北海道支部 ] [ 日本建築学会北海道支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

10

20041 古平町複合施設における屋根上の雪庇形成状況と余市町における2022 年冬期の気象特性

著者名:佐々木 寛誠 / 千葉 隆弘 / 杉野 宏樹 / 高橋 章夫
巻 号:2022
ページ:81-82
年月次:2022-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

11

20043 標高と海率に基づく設計用地上積雪深の推定に関する研究

著者名:千葉 隆弘 / 高橋 徹
巻 号:2022
ページ:85-86
年月次:2022-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

12

20012 吹雪風洞実験に基づく陸屋根における雪粒子の挙動と雪庇形成要因との関係

著者名:鎌田 晃嘉 / 千葉 隆弘 / 大槻 政哉
巻 号:2021
ページ:23-24
年月次:2021-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

13

20016 火山噴火後の積灰荷重に対する降雨の影響

著者名:堤 拓哉 / 千葉 隆弘 / 山本 剛 / 河島 克久
巻 号:2021
ページ:31-32
年月次:2021-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

14

1412 吹雪風洞実験によるフッ素樹脂コーティング材における着雪防止性能の評価

著者名:千葉 隆弘 / 鎌田 晃嘉
巻 号:2021
ページ:823-824
年月次:2021-07

[ 年次分冊区分 ] [ 材料施工 (2012 ~ 現在) ] [ 材料施工 ] [ 学術講演梗概集DVD ]

15

室内の暖房エネルギーを利用した膜屋根融滑雪の実験的研究 試験体を用いた屋外曝露実験で得られた融雪状況と積雪荷重の推移

著者名:千葉 隆弘 / 山口 英治 / 渡邊 朋宏
巻 号:94
ページ:106-109
年月次:2021-06

[ 支部名 ] [ 北海道支部 ] [ 日本建築学会北海道支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

16

陸屋根建築物に形成される雪庇の屋外観測

著者名:鎌田 晃嘉 / 千葉 隆弘 / 大槻 政哉 / イセンコ エフゲニー / 西田 浩平 / 齋藤 佳彦 / 三浦 里菜
巻 号:94
ページ:122-125
年月次:2021-06

[ 支部名 ] [ 北海道支部 ] [ 日本建築学会北海道支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

17

空撮画像を用いたSfMに基づく写真測量による屋根上積雪深の測定精度

著者名:千葉 隆弘 / 堤 拓哉 / 高橋 徹
巻 号:66
ページ:626-631
年月次:2021-06

[ 日本建築学会技術報告集 ] [ 技術報告集 ]

18

湿式外張り断熱工法におけるEPS断熱材の裏面排水溝形成手法の開発

著者名:小松 幸雄 / 千葉 隆弘 / 福島 明 / 高倉 政寛 / 糸毛 治 / 遠藤 卓
巻 号:64
ページ:990-994
年月次:2020-10

[ 日本建築学会技術報告集 ] [ 技術報告集 ]

19

地域工務店が販売する一般住宅の商圏の拡大可能範囲に関する検討

著者名:石川 佳生 / 千葉 隆弘 / 福島 明
巻 号:64
ページ:1049-1053
年月次:2020-10

[ 日本建築学会技術報告集 ] [ 技術報告集 ]

20

20009 パラペットの高さによる陸屋根建築物の雪庇対策 古平町新庁舎を対象とした気象データおよび吹雪風洞実験に基づく雪庇対策の検討

著者名:杉野 宏樹 / 高橋 章夫 / 千葉 隆弘
巻 号:2020
ページ:17-18
年月次:2020-09

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

21

1362 フッ素樹脂コーティング材における着雪防止メカニズムに関する実験的研究

著者名:千葉 隆弘 / 杉田 翼
巻 号:2020
ページ:723-724
年月次:2020-09

[ 年次分冊区分 ] [ 材料施工 (2012 ~ 現在) ] [ 材料施工 ] [ 学術講演梗概集DVD ]

22

北海道産材による構造材の利用促進に関する研究 カラマツ・トドマツ材の資源量と輸送費を考慮したコスト低減策

著者名:石川 佳生 / 千葉 隆弘 / 福島 明
巻 号:774
ページ:633-643
年月次:2020-08

[ 系列 ] [ 環境系 ] [ 日本建築学会環境系論文集 ] [ 論文集 ]

23

北海道産材による構造材の利用促進に関する研究 カラマツ・トドマツ材の資源量と輸送費を考慮したコスト低減策

著者名:石川 佳生 / 千葉 隆弘 / 福島 明
巻 号:774
ページ:633-643
年月次:2020-08

[ 系列 ] [ 環境系 ] [ 日本建築学会環境系論文集 ] [ 論文集 ]

24

室内空調の暖房熱を再利用した膜屋根融雪の実験的研究 軒先のつらら防止対策について

著者名:千葉 隆弘 / 山口 英治 / 魚住 昌広 / 渡邊 朋宏
巻 号:93
ページ:127-130
年月次:2020-06

[ 支部名 ] [ 北海道支部 ] [ 日本建築学会北海道支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

25

北海道で発生した雪による人身事故と雪害対策に関する研究 人身事故および住宅損傷のリスク分析に基づいた屋根雪処理の判断基準について

著者名:千葉 隆弘 / 堤 拓哉 / 高橋 徹
巻 号:769
ページ:331-341
年月次:2020-03

[ 系列 ] [ 構造系 ] [ 日本建築学会構造系論文集 ] [ 論文集 ]

26

訂正:降雨を考慮した積雪荷重の推定方法に関する研究 (大槻 政哉,高橋 徹,苫米地 司,千葉 隆弘,堤 拓哉,上石 勲,喜々津 仁密,岩田 善裕,石原 直,奥田 泰雄著,日本建築学会構造系論文集,第82巻,第739号,1329-1338,2017年9月号掲載)

著者名:大槻 政哉 / 高橋 徹 / 苫米地 司 / 千葉 隆弘 / 堤 拓哉 / 上石 勲 / 喜々津 仁密 / 岩田 善裕 / 石原 直 / 奥田 泰雄
巻 号:769
ページ:449-449
年月次:2020-03

[ 系列 ] [ 構造系 ] [ 日本建築学会構造系論文集 ] [ 論文集 ]

27

湿式外張り断熱外装システムの防水性向上に関する研究 

著者名:小松 幸雄 / 千葉 隆弘 / 福島 明 / 村田 さやか / 高倉 政寛 / 遠藤 卓
巻 号:767
ページ:11-18
年月次:2020-01

[ 系列 ] [ 環境系 ] [ 日本建築学会環境系論文集 ] [ 論文集 ]

28

20013 室内空調の暖房熱を再利用した膜屋根融雪の実験的研究

著者名:山口 英治 / 千葉 隆弘 / 魚住 昌広 / 渡邊 朋宏
巻 号:2019
ページ:25-26
年月次:2019-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

29

20014 木造住宅の屋根に降下する火山灰の堆積性状

著者名:山本 剛 / 堤 拓哉 / 千葉 隆弘 / 前田 憲太郎
巻 号:2019
ページ:27-28
年月次:2019-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

30

41041 外張りEPSの裏面排水溝形成手法の開発

著者名:小松 幸雄 / 福島 明 / 高倉 政寛 / 千葉 隆弘
巻 号:2019
ページ:81-82
年月次:2019-07

[ 年次分冊区分 ] [ 環境工学II (2012 ~ 現在) ] [ 環境工学II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

31

1729 自然雪を用いた吹雪風洞実験に基づく各種着雪防止コーティング材の着雪性状

著者名:千葉 隆弘 / 齋藤 俊 / 杉田 翼
巻 号:2019
ページ:1457-1458
年月次:2019-07

[ 年次分冊区分 ] [ 材料施工 (2012 ~ 現在) ] [ 材料施工 ] [ 学術講演梗概集DVD ]

32

室内空調の暖房熱を再利用した膜屋根融雪の実験的研究

著者名:千葉 隆弘 / 山口 英治 / 魚住 昌広 / 渡邊 朋宏
巻 号:92
ページ:49-52
年月次:2019-06

[ 支部名 ] [ 北海道支部 ] [ 日本建築学会北海道支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

33

北海道産材による構造用製材の製造コスト低減策に関する検討

著者名:石川 佳生 / 千葉 隆弘
巻 号:92
ページ:223-226
年月次:2019-06

[ 支部名 ] [ 北海道支部 ] [ 日本建築学会北海道支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

34

20011 LESによる建物屋根面の積雪深分布予測

著者名:田畑 侑一 / 大塚 清敏 / 千葉 隆弘
巻 号:2018
ページ:21-22
年月次:2018-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

35

20012 無落雪屋根における柵状設置太陽電池アレイの開発 自然雪を用いた吹雪風洞実験に基づく雪庇対策の検討

著者名:千葉 隆弘 / 福島 明
巻 号:2018
ページ:23-24
年月次:2018-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

36

20037 屋根雪の粘性減衰を考慮した強震時の木質構造の復元力モデルに関する研究

著者名:楠井 滉大 / 高橋 徹 / 千葉 隆弘
巻 号:2018
ページ:73-74
年月次:2018-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

37

空撮画像を用いた写真測量による屋根上積雪深の測定精度 機体の違いと測定精度との関係について

著者名:千葉 隆弘
巻 号:91
ページ:179-182
年月次:2018-06

[ 支部名 ] [ 北海道支部 ] [ 日本建築学会北海道支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

38

地震による屋根雪と構造体との動的相互作用に関する研究 振動実験に基づく屋根雪滑動時の動摩擦係数と粘性減衰係数

著者名:千葉 隆弘 / 高橋 徹 / 苫米地 司
巻 号:743
ページ:11-21
年月次:2018-01

[ 系列 ] [ 構造系 ] [ 日本建築学会構造系論文集 ] [ 論文集 ]

39

降雨を考慮した積雪荷重の推定方法に関する研究 

著者名:大槻 政哉 / 高橋 徹 / 苫米地 司 / 千葉 隆弘 / 堤 拓哉 / 上石 勲 / 喜々津 仁密 / 岩田 善裕 / 石原 直 / 奥田 泰雄
巻 号:739
ページ:1329-1338
年月次:2017-09

[ 系列 ] [ 構造系 ] [ 日本建築学会構造系論文集 ] [ 論文集 ]

40

20014 空撮画像を用いた写真測量による屋根上積雪深の測定精度に関する研究 体育施設を対象とした撮影距離ごとの測定精度について

著者名:千葉 隆弘
巻 号:2017
ページ:27-28
年月次:2017-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

41

20015 積雪後の降雨に配慮した屋根雪荷重の評価に関する研究 その7 浸透流解析による割増荷重の検討

著者名:大槻 政哉 / 高橋 徹 / 千葉 隆弘 / 石原 直 / 喜々津 仁密
巻 号:2017
ページ:29-30
年月次:2017-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

42

20018 被害関数を用いた大雪による空き家の損傷棟数の試算 その2 勾配屋根の影響を考慮した試算

著者名:堤 拓哉 / 千葉 隆弘 / 高橋 徹
巻 号:2017
ページ:35-36
年月次:2017-07

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

43

振動実験および時刻歴応答解析に基づく各種材料の滑雪特性に関する研究

著者名:千葉 隆弘 / 河合 有人
巻 号:90
ページ:49-52
年月次:2017-06

[ 支部名 ] [ 北海道支部 ] [ 日本建築学会北海道支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

44

2029 気象観測地点の観測環境調査に基づき降水量の捕捉損失を考慮した雪荷重評価に関する基礎的研究

著者名:菰田 悟史 / 藤井 茂人 / 石鍋 雄一郎 / 中島 肇 / 高橋 徹 / 千葉 隆弘 / 堤 拓哉
巻 号:87
ページ:377-380
年月次:2017-02

[ 関東支部 ] [ 日本建築学会関東支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

45

積雪後の降雨に配慮した屋根雪荷重の評価に関する研究 その5 実験結果に基づく割り増し荷重の算定方法

著者名:大槻 政哉 / 喜々津 仁密 / 高橋 徹 / 千葉 隆弘 / 石原 直 / 奥田 泰雄 / 岩田 善裕 / 堤 拓哉 / 中村 一樹 / 安達 聖
巻 号:2016
ページ:85-86
年月次:2016-08

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

46

積雪後の降雨に配慮した屋根雪荷重の評価に関する研究 その6 積雪で満たされた軒どいの排水性能に着目した模型実験

著者名:千葉 隆弘 / 高橋 徹 / 大槻 政哉 / 喜々津 仁密 / 奥田 泰雄 / 石原 直 / 岩田 善裕 / 堤 拓哉
巻 号:2016
ページ:87-88
年月次:2016-08

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

47

屋根雪の動摩擦係数と粘性減衰係数が構造体の強震時応答に与える影響

著者名:後藤 和基 / 中村 友紀子 / 高橋 徹 / 千葉 隆弘
巻 号:2016
ページ:89-90
年月次:2016-08

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

48

札幌市における高層建築物の屋根上積雪状況と落雪対策の現状

著者名:千葉 隆光 / 大海 邦彦 / 苫米地 司 / 千葉 隆弘
巻 号:2016
ページ:97-98
年月次:2016-08

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

49

被害関数を用いた大雪による空き家の損傷棟数の試算

著者名:堤 拓哉 / 千葉 隆弘 / 高橋 徹
巻 号:2016
ページ:99-100
年月次:2016-08

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

50

20047 中越地方多雪地域における既存木造住宅群の耐雪性能評価(雪荷重・耐雪設計(1),構造I,学術講演会・建築デザイン発表会)

著者名:吉田 奈未 / 千葉 隆弘 / 堤 拓哉 / 高橋 徹 / 中村 友紀子 / 中江 百花
巻 号:2015
ページ:93-94
年月次:2015-09

[ 年次分冊区分 ] [ 構造I (2012 ~ 現在) ] [ 構造I ] [ 学術講演梗概集DVD ]

1~50件 / 全168件