論文検索

詳細検索 閉じる

※姓と名の間には半角スペースを入れてください。

年 ~
月号

論文集技術報告集J-STAGE無料で閲覧できます。

検索結果

1~50件 / 全73件

1

耐震構造学に関する研究

著者名:谷口 忠
巻 号:1223
ページ:8-11
年月次:1984-08

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

2

29 腰壁、たれ壁付き鉄筋コンクリートラーメンの水平加力実験 : 建築ラーメン構造の耐震許容変形度の研究 その1(1 構造)

著者名:谷口 忠 / 松村 晃 / 津下 一英 / 高本 秀幸
巻 号:41
ページ:113-116
年月次:1971-01

[ 学術研究発表会梗概集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

3

"高層建築設計震度式"に対する討議の反論

著者名:谷口 忠
巻 号:83
ページ:40-44
年月次:1963-03

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

4

高層建築設計震度式と週期式

著者名:谷口 忠
巻 号:79
ページ:1-5
年月次:1962-11

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

5

建築教育について

著者名:谷口 忠
巻 号:899
ページ:297-300
年月次:1961-06

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

6

2010 不規則な地震動を受ける建築物の剛重比が振巾に及ぼす効果 : その3. レスポンススペクトラムと重層構造物の変形(構造)

著者名:谷口 忠 / 小林 啓美
巻 号:60-1
ページ:269-272
年月次:1958-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

7

2112 杭支持力公式の研究 : 静力学的杭公式の適用性に関する検討(構造)

著者名:谷口 忠 / 川崎 浩司 / 小林 謙二
巻 号:60-1
ページ:677-680
年月次:1958-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

8

213 杭耐力算定法に関する研究(構造)

著者名:谷口 忠 / 川崎 浩司 / 荻野 郁太郎 / 細山田 実
巻 号:57-1
ページ:293-296
年月次:1957-07

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

9

214 摩擦杭群の耐力低減に関する研究(其の4)(構造)

著者名:谷口 忠 / 川崎 浩司
巻 号:57-1
ページ:297-300
年月次:1957-07

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

10

223 不規則な地震動を受ける建築物の剛重比が振巾に及ぼす効果 : その2・柱脚完全固定の場合との比較(構造)

著者名:谷口 忠 / 小林 啓美
巻 号:57-1
ページ:333-336
年月次:1957-07

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

11

建築物の耐震安全度の問題 ("耐震計算の規定はこのままでよいか"に対する意見) (構造特集)

著者名:谷口 忠
巻 号:847
ページ:15-18
年月次:1957-06

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

12

恩師佐野先生を偲ぶ

著者名:谷口 忠
巻 号:843
ページ:11
年月次:1957-02

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

13

256 摩擦杭群の耐力低減に関する研究(其の2)(構造)

著者名:谷口 忠 / 川崎 浩司
巻 号:54
ページ:393-396
年月次:1956-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

14

257 摩擦杭群の耐力低減に関する研究(其の3)(構造)

著者名:谷口 忠 / 川崎 浩司
巻 号:54
ページ:397-400
年月次:1956-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

15

260 不規則な地震動を受ける建築物の剛重比が振巾に及ぼす効果 : 建築物の基礎条件が振巾に及ぼす効果(構造)

著者名:谷口 忠 / 小林 啓美 / 茶谷 正洋
巻 号:54
ページ:409-412
年月次:1956-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

16

富士宮市立第2中学校々舎の水平加力並に振動測定結果 (学校建築特集)

著者名:谷口 忠 / 小林 啓美 / 坂井 辰郎
巻 号:828
ページ:33-34
年月次:1955-11

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

17

257 不規則な地震動を受ける建築物の感応性

著者名:谷口 忠 / 小林 啓美 / 山下 信夫
巻 号:33-1
ページ:219-220
年月次:1955-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

18

258 不規則なる地震動を受ける建築物の変形と静力震度

著者名:谷口 忠 / 小林 啓美 / 山下 信夫
巻 号:33-1
ページ:221-222
年月次:1955-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

19

262 摩擦杭郡の耐力低減に関する研究 (其の1)

著者名:谷口 忠 / 川崎 浩司 / 寺畑 秀夫
巻 号:33-1
ページ:229-230
年月次:1955-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

20

220 有壁高層ラーメンの実験的研究 (其の2) : 破壊過程に於ける撓み性状の変化と横力分布係数の低減

著者名:谷口 忠 / 服部 正
巻 号:31-1
ページ:143-144
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

21

221 高層建築の震力分布に関する研究 (其の3) : 地震時に於ける実際建築物の変形

著者名:谷口 忠 / 小林 啓美
巻 号:31-1
ページ:145-146
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

22

222 高層建築の震力分布に関する研究 (其の4) : 地震時に於ける建築物の最悪変形状態

著者名:谷口 忠 / 小林 啓美
巻 号:31-1
ページ:147-148
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

23

202. 高層建築物に作用する震度 : 建築基準法及米国水平力委員会の震度に対する検討

著者名:谷口 忠 / 小林 啓美
巻 号:29-1
ページ:75-76
年月次:1954-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

24

246. 有壁高層ラーメンの実験的研究

著者名:谷口 忠 / 服部 正
巻 号:29-1
ページ:163-164
年月次:1954-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

25

23 デイーゼルエンヂンに起因する地盤の振動防止対策

著者名:谷口 忠 / 小林 啓美
巻 号:22
ページ:45-46
年月次:1953-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

26

103 エンヂン基礎の振動防止の実例

著者名:谷口 忠 / 小林 啓美
巻 号:21
ページ:450-453
年月次:1953-03

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

27

104 ディーゼルエンヂンによる地盤の振動測定報告

著者名:谷口 忠 / 小林 啓美 / 坂井 辰郎
巻 号:21
ページ:454-457
年月次:1953-03

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

28

41 高層建築の震力分布に関する研究 (其の1) : 建築物に作用する震度

著者名:谷口 忠 / 小林 啓美
巻 号:20
ページ:81-82
年月次:1952-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

29

42 高層建築の震力分布に関する研究 (其の2) : 地震時に於ける実際建築物の振動

著者名:谷口 忠 / 小林 啓美
巻 号:20
ページ:83-84
年月次:1952-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

30

35. 高層建築物の耐震性 (其の1) : 有壁高層ラーメンの性質

著者名:谷口 忠 / 坂井 辰郎 / 服部 正
巻 号:18
ページ:69-70
年月次:1952-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

31

39 ブロック壁の耐震性

著者名:谷口 忠 / 小林 啓美 / 広木 光雄
巻 号:16
ページ:143-146
年月次:1951-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

32

48. 構造物に作用する震力の研究

著者名:谷口 忠 / 小林 啓美
巻 号:14
ページ:187-190
年月次:1951-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

33

65. 鉄筋コンクリート構造の火害度判定の一方式

著者名:谷口 忠 / 小林 啓美
巻 号:14
ページ:255-258
年月次:1951-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

34

28. 耐震壁に関する研究 (その3) : 実在建築物の全柱の横力分擔比の調査

著者名:谷口 忠 / 岩下 恒雄 / 早川 一也
巻 号:12
ページ:109-112
年月次:1951-06

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

35

31. 耐震壁に関する研究 (其の2) : 重層耐震壁の横力分布係数

著者名:谷口 忠 / 松下 富士雄 / 北後 壽
巻 号:9
ページ:121-124
年月次:1950-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

36

26 耐震壁に関する研究 其の一

著者名:谷口 忠
巻 号:8
ページ:98-101
年月次:1950-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

37

6) 耐震壁に關する研究其の一

著者名:谷口 忠
巻 号:41
ページ:62-71
年月次:1950-08

[ 日本建築學會論文集 ] [ 論文集 ]

38

31. 振動台試験による被壊の研究

著者名:谷口 忠 / 小林 啓美
巻 号:7
ページ:115-118
年月次:1950-08

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

39

損傷建築物の補強方法と耐震壁の効果

著者名:谷口 忠
巻 号:757
ページ:28-34
年月次:1949-12

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

40

24. 焼ビルの耐震度

著者名:谷口 忠
巻 号:2
ページ:94-97
年月次:1949-07

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

41

7. 耐震壁の効果に関する研究 (1報)

著者名:谷口 忠 / 品川 多美二
巻 号:1
ページ:17-19
年月次:1949-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

42

13) 建築物の内部摩擦が振幅に及ぼす影響

著者名:谷口 忠 / 松山 久春 / 小林 啓美
巻 号:36
ページ:49-53
年月次:1947-12

[ 日本建築學會論文集 ] [ 論文集 ]

43

38) 衝撃力に對する鐵骨接合部の強さに關する研究 (第1報)

著者名:谷口 忠 / 今井 光雄
巻 号:21
ページ:289-295
年月次:1941-00

[ 建築學會論文集 ] [ 論文集 ]

44

39) 〓状體の砂層に於ける地下部深さと地上部高さとの比がその振動減衰性に及ぼす影響

著者名:谷口 忠 / 田治米 辰雄
巻 号:21
ページ:296-300
年月次:1941-00

[ 建築學會論文集 ] [ 論文集 ]

45

大會學術講演討議

著者名:谷口 忠 / 田治米 辰雄
巻 号:22
ページ:142-145
年月次:1941-00

[ 建築學會論文集 ] [ 論文集 ]

46

昭和15年1月15日・靜岡市大火調査報告 : 第2編 各種建築物に關する被害調査

著者名:谷口 忠 / 二見 秀雄 / 神谷 六美 / 後藤 一雄 / 田治米 辰雄 / 作山 齊宏
巻 号:662
ページ:361-371
年月次:1940-05

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

47

41) 建造物の振動減衰性に關する研究

著者名:谷口 忠
巻 号:17
ページ:339-346
年月次:1940-03

[ 建築學會論文集 ] [ 論文集 ]

48

7) 木造建物外周壁の防火度に關する基本的研究

著者名:谷口 忠 / 今井 光雄
巻 号:15
ページ:56-62
年月次:1939-11

[ 建築學會論文集 ] [ 論文集 ]

49

22) 火熱せらるる鐵筋コンクリート版及〓體の表面温度並びにその温度傳導に關する研究 (防火壁並に被覆の研究)

著者名:谷口 忠 / 今井 光雄
巻 号:13
ページ:166-174
年月次:1939-04

[ 建築學會論文集 ] [ 論文集 ]

50

28) 建造物の振動減衰性に關する研究 (木造の減衰性に就て)

著者名:谷口 忠
巻 号:13
ページ:220-229
年月次:1939-04

[ 建築學會論文集 ] [ 論文集 ]

1~50件 / 全73件