論文検索

詳細検索 閉じる

※姓と名の間には半角スペースを入れてください。

年 ~
月号

論文集技術報告集J-STAGE無料で閲覧できます。

検索結果

201~250件 / 全282件

201

2048 殻の一般的降伏条件について(構造)

著者名:横尾 義貫 / 松岡 理 / 中村 恒善
巻 号:60-1
ページ:421-424
年月次:1958-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

202

2056 集中荷重をうける球殻のLimit Analysis(構造)

著者名:横尾 義貫 / 松岡 理 / 中村 恒善
巻 号:60-1
ページ:453-456
年月次:1958-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

203

薄板型鋼の捩れ変形阻止に就いて

著者名:横尾 義貫 / 五十嵐 定議 / 坂本 順
巻 号:5
ページ:141-160
年月次:1958-09

[ 構造工学論文集.B ] [ 構造工学論文集.B ]

204

9 薄板型鋼の捩れ性状

著者名:横尾 義貫 / 五十嵐 定義 / 坂本 順
巻 号:59
ページ:48-52
年月次:1958-07

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

205

13 アーチの終局状態に関する研究 : 等分布荷重載荷の場合

著者名:横尾 義貫 / 山肩 邦男
巻 号:59
ページ:74-80
年月次:1958-07

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

206

8. アーチの終局状態に関する研究 : 集中荷重載荷の場合

著者名:横尾 義貫 / 山肩 邦男
巻 号:58
ページ:49-56
年月次:1958-03

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

207

(建築教育に対する70氏の意見)

著者名:横尾 義貫
巻 号:856
ページ:40-41
年月次:1958-03

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

208

12. ArchのLimit Analysis (第3報) : 終局荷重の実用計算法

著者名:横尾 義貫 / 山肩 邦男
巻 号:41
ページ:71-77
年月次:1957-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

209

13. ArchのLimit Analysis (第2報) : 2〓アーチの終局荷重について

著者名:横尾 義貫 / 山肩 邦男
巻 号:41
ページ:78-82
年月次:1957-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

210

9. 軽量型鋼の捩れに関する諸常数(二)

著者名:横尾 義貫 / 五十嵐 定義 / 高野 文雄
巻 号:38
ページ:219-224
年月次:1957-08

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

211

10. 床板の隅角亀裂に関する解析的考察

著者名:横尾 義貫 / 許 昌九
巻 号:38
ページ:225-230
年月次:1957-08

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

212

206 ArchのLimit Analysis(第1報)(構造)

著者名:横尾 義貫 / 山肩 邦男
巻 号:57-1
ページ:265-268
年月次:1957-07

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

213

265 薄板型鋼の捩れに就いて(構造)

著者名:横尾 義貫 / 五十嵐 定義 / 高野 文雄
巻 号:57-1
ページ:497-500
年月次:1957-07

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

214

22. 円弧コノイド曲面曲げ理論

著者名:横尾 義貫 / 松岡 理
巻 号:36
ページ:104-110
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

215

23. 軽量型鋼の捩れに関する諸係数について

著者名:横尾 義貫
巻 号:36
ページ:111-118
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

216

建築界と学会の座標

著者名:浅田 孝 / 飯田 須賀斯 / 市浦 健 / 太田 実 / 岡野 寛次 / 葛西 重男 / 木島 努 / 佐藤 武夫 / 横尾 義貫 / 伊藤 喜三郎 / 大江 宏 / 加藤 渉 / 亀井 勇 / 郡 菊夫 / 篠原 正也 / 吉阪 隆正
巻 号:841
ページ:3-13
年月次:1956-12

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

217

139 コンクリートの収縮による構造龜裂の発生機構に関する若干の考察(材料・施工)

著者名:横尾 義貫 / 角田 栄
巻 号:54
ページ:153-156
年月次:1956-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

218

242 屋根型円錐曲板の曲げ理論(構造)

著者名:横尾 義貫 / 松岡 理
巻 号:54
ページ:337-340
年月次:1956-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

219

243 折曲円錐殼について(構造)

著者名:横尾 義貫 / 松岡 理 / 多々見 市蔵
巻 号:54
ページ:341-344
年月次:1956-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

220

248 基礎の変動に関する研究 : 予備実験報告(構造)

著者名:横尾 義貫 / 山肩 邦男 / 宋 〓沢
巻 号:54
ページ:361-364
年月次:1956-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

221

253 建築物における粘土層の圧密沈下の影響 : 第5報 特に反力方程式について(構造)

著者名:横尾 義貫 / 山肩 邦男
巻 号:54
ページ:381-384
年月次:1956-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

222

建築物のリミットデザイン 小野 薫 田中 尚 共著

著者名:横尾 義貫
巻 号:837
ページ:70
年月次:1956-08

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

223

4 鉄筋コンクリート構造の収縮亀裂の類型とそれに対する若干の考察 (その一 類型)

著者名:角田 栄 / 多屋 幹夫 / 横尾 義貫
巻 号:35-1
ページ:326-330
年月次:1956-06

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

224

5 鉄筋コンクリート構造の収縮亀裂の類型とそれに対する若干の考察 (その2考察)

著者名:横尾 義貫 / 角田 栄 / 多屋 幹夫
巻 号:35-1
ページ:331-338
年月次:1956-06

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

225

20 曲面構造容器類の設計式 : 軸対称荷重の場合

著者名:横尾 義貫 / 松岡 理
巻 号:35-1
ページ:405-409
年月次:1956-06

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

226

B室 : 構造 (昭和30年度秋季連合大会特集)

著者名:横尾 義貫
巻 号:830
ページ:26-27
年月次:1956-01

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

227

5. Shallow截断球面の曲げ理論

著者名:横尾 義貫 / 松岡 理
巻 号:34
ページ:1-7
年月次:1955-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

228

227 Shallow conoid shellの曲げ理論 : 緑梁なし並列の場合

著者名:横尾 義貫 / 松岡 理
巻 号:33-1
ページ:159-160
年月次:1955-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

229

230 円筒シヤーレの略算

著者名:横尾 義貫 / 塩路 寅雄
巻 号:33-1
ページ:165-166
年月次:1955-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

230

259 地盤の振動特性研究の一つの試み

著者名:横尾 義貫 / 畑中 元弘 / 湯浅 博明
巻 号:33-1
ページ:223-224
年月次:1955-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

231

260 建築物における粘土層の圧密沈下の影響 : 第4報 実用計算式

著者名:横尾 義貫 / 山肩 邦男
巻 号:33-1
ページ:225-226
年月次:1955-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

232

主題「リミットデザインの構造設計の意義について」 ((構造部会)) (昭和30年度春季大会特集)

著者名:横尾 義貫
巻 号:824
ページ:46-48
年月次:1955-07

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

233

29. 建築物の基礎版支持力による不同沈下のLimit Design的一考察

著者名:横尾 義貫 / 山扇 邦男
巻 号:30
ページ:1-6
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

234

32. 変厚球殿の実用公式 (その1 軸対称の場合)

著者名:横尾 義貫 / 松岡 理 / 塩路 貴雄
巻 号:30
ページ:1-4
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

235

8. 反り応力について

著者名:横尾 義貫
巻 号:30
ページ:1-4
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

236

206 建築物の不同沈下に関する研究 : (第1報・Collapse modeについて)

著者名:横尾 義貫 / 山肩 邦男
巻 号:31-1
ページ:115-116
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

237

248 曲面の乱れについて : (乱れ巾と波長の問題)

著者名:横尾 義貫
巻 号:31-1
ページ:199-200
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

238

250 有限変形論による円筒屋根シヤーレンの変形、応力状態について

著者名:横尾 義貫 / 松岡 理
巻 号:31-1
ページ:203-204
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

239

4.曲版曲げ理論の近似化

著者名:横尾 義貫 / 松岡 理
巻 号:50
ページ:25-31
年月次:1955-03

[ 日本建築學會論文集 ] [ 論文集 ]

240

12.地下粘土層の圧密による建築物の不同沈下について

著者名:横尾 義貫 / 山肩 邦男
巻 号:50
ページ:88-94
年月次:1955-03

[ 日本建築學會論文集 ] [ 論文集 ]

241

構造力学 (1954年建築界回顧)

著者名:横尾 義貫
巻 号:820
ページ:13-14
年月次:1955-03

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

242

(防災) (昭和29年度秋季大会専門別研究協議会)

著者名:横尾 義貫
巻 号:818
ページ:56
年月次:1955-01

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

243

シャーレの実用解法の展望

著者名:横尾 義貫 / 松岡 理 / 日置 興一郎
巻 号:816
ページ:1-6
年月次:1954-11

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

244

254. シヤーレの近似解法について

著者名:横尾 義貫 / 松岡 理
巻 号:29-1
ページ:179-180
年月次:1954-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

245

256. 円錐面近似曲げ理論

著者名:横尾 義貫 / 松岡 理
巻 号:29-1
ページ:183-184
年月次:1954-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

246

274. 潜函体に働く土圧の実測

著者名:横尾 義貫 / 畑中 元弘 / 五十嵐 定義
巻 号:29-1
ページ:219-220
年月次:1954-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

247

275. 建築物における粘土層の圧密沈下の影響 : 第2報 剛性変動その他2, 3の問題について

著者名:横尾 義貫 / 山肩 邦男
巻 号:29-1
ページ:221-222
年月次:1954-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

248

7.球面曲げ理論の近似化

著者名:横尾 義貫 / 松岡 理
巻 号:49
ページ:49-54
年月次:1954-09

[ 日本建築學會論文集 ] [ 論文集 ]

249

11.電気抵抗線式土圧計の試作と其の応用

著者名:横尾 義貫 / 畑中 元弘 / 五十嵐 定義
巻 号:49
ページ:75-82
年月次:1954-09

[ 日本建築學會論文集 ] [ 論文集 ]

250

穀理論に関する研究 (昭和29年度春季大会特集)

著者名:横尾 義貫
巻 号:812
ページ:19
年月次:1954-07

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

201~250件 / 全282件