論文検索

詳細検索 閉じる

※姓と名の間には半角スペースを入れてください。

年 ~
月号

論文集技術報告集J-STAGE無料で閲覧できます。

検索結果

51~100件 / 全147件

51

29. 建築用集成木材に関する研究(12報) : 集成木材の曲げについて

著者名:森 徹 / 今泉 勝吉 / 矢作 満
巻 号:40
ページ:113-116^6
年月次:1957-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

52

30. 建材用集成木材に関する研究(第13報) : 抵抗線歪計の一例

著者名:森 徹 / 今泉 勝吉 / 矢作 満
巻 号:40
ページ:117-120^2
年月次:1957-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

53

近藤芳美「異常凝結とモルタル初期収縮度との関係」 (材料・施工) (北海道連合大会特集)

著者名:森 徹
巻 号:852
ページ:35
年月次:1957-11

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

54

森 徹・永田長重・依田彰彦「高炉セメントの利用に関する研究(第2報)」 (材料・施工) (北海道連合大会特集)

著者名:森 徹
巻 号:852
ページ:35
年月次:1957-11

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

55

小坂賢二・平野英作「高炉セメントの利用に関する研究(高スラグの場合の化学的性質)」 (材料・施工) (北海道連合大会特集)

著者名:森 徹
巻 号:852
ページ:35
年月次:1957-11

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

56

奥島正一・小阪義雄・西岡恩郎「モルタルの粘弾性挙動に関する基礎的研究」 (材料・施工) (北海道連合大会特集)

著者名:森 徹
巻 号:852
ページ:35
年月次:1957-11

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

57

布施忠司・下鳥正孝・築島隆繁「コンクリートの流動学的一考察」 (材料・施工) (北海道連合大会特集)

著者名:森 徹
巻 号:852
ページ:35
年月次:1957-11

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

58

服部 隆「骨材の試験と粗骨材の破砕試験法」 (材料・施工) (北海道連合大会特集)

著者名:森 徹
巻 号:852
ページ:35
年月次:1957-11

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

59

山根 昭「石灰石粉を軟度良化材として混和したコンクリートの性状に関する研究」 (材料・施工) (北海道連合大会特集)

著者名:森 徹
巻 号:852
ページ:35
年月次:1957-11

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

60

中村 伸・矢野光一「ポゾランの試験(第3報)」 (材料・施工) (北海道連合大会特集)

著者名:森 徹
巻 号:852
ページ:35
年月次:1957-11

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

61

12. 建築用集成木材に関する研究(第9報) : スカーフの傾斜と引張強さとの関係

著者名:森 徹 / 今泉 勝吉
巻 号:39
ページ:45-50
年月次:1957-08

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

62

13. 建築用集成木材に関する研究(第10報) : スカーフの傾斜と曲げ強さとの関係

著者名:森 徹 / 今泉 勝吉
巻 号:39
ページ:51-56
年月次:1957-08

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

63

14. 建築用集成木材に関する研究(第11報) : Butt Jointと曲げ強さとの関係

著者名:森 徹 / 今泉 勝吉
巻 号:39
ページ:57-60
年月次:1957-08

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

64

16. 高炉セメントの利用に関する研究(第9報) : 砕石AEコンクリートの強度試験報告 その1

著者名:森 徹 / 永田 長重 / 関口 賢二 / 依田 彰彦
巻 号:39
ページ:65-70
年月次:1957-08

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

65

102 高炉セメントの利用に関する研究(第2報) : 高スラグ高炉セメント(2種高炉セメント)のコンクリートへの応用・その2 普通コンクリートの調合表(材料・施工)

著者名:森 徹 / 永田 長重 / 依田 彰彦
巻 号:57-1
ページ:5-8
年月次:1957-07

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

66

満州国と小野博士 (故小野薫博士の追悼)

著者名:森 徹
巻 号:845
ページ:5
年月次:1957-04

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

67

材料・施行 (創立70周年記念(報告号))

著者名:森 徹
巻 号:844
ページ:31
年月次:1957-03

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

68

7. 高炉セメントの利用に関する研究(第6報) : コンクリートのスランプ試験報告 その2

著者名:森 徹 / 永田 長重 / 関口 賢二
巻 号:37
ページ:24-31
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

69

8. 高炉セメントの利用に関する研究(第7報) : コンクリートの強度試験報告・その2

著者名:森 徹 / 永田 長重 / 関口 賢二
巻 号:37
ページ:32-39
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

70

17. 建築用集成木材に関する研究(第6報) : 強さに及ほす接着層の影響について(1) : 曲げ及び圧縮試験

著者名:森 徹 / 今泉 勝吉
巻 号:37
ページ:72-75
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

71

18. 建築用集成木材に関する研究(第7報) : 強さに及ぼす接着層の影響について(1) : 剪断強さについて

著者名:森 徹 / 今泉 勝吉
巻 号:37
ページ:76-79
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

72

19. 建築用集成木材に関する研究(第8報) : 強さに及ぼす接着層の影響について(2) : 割裂抵抗について

著者名:森 徹 / 今泉 勝吉
巻 号:37
ページ:80-83
年月次:1956-12

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

73

103 高炉セメントの利用に関する研究(第1報) : 高スラグ高炉セメントのコンクリートへの応用 その1(材料・施工)

著者名:森 徹 / 永田 長重 / 関口 賢二
巻 号:54
ページ:9-12
年月次:1956-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

74

133 薄板積層木材とその工法に関する研究(第3報) : 節と曲げ強さとの関係(2) : 集成材木とその応用に関する研究・第5報(材料・施工)

著者名:森 徹 / 今泉 勝吉
巻 号:54
ページ:129-132
年月次:1956-10

[ 日本建築学会論文報告集 ] [ 論文集 ]

75

A室 : 防災・材料・施工 (昭和30年度秋季連合大会特集)

著者名:森 徹
巻 号:830
ページ:21
年月次:1956-01

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

76

1. 高炉セメントの利用に関する研究 (第1報) : 總論及び第1次モルタル試験

著者名:森 徹 / 永田 長重 / 関口 賢二
巻 号:34
ページ:1-6
年月次:1955-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

77

2. 高炉セメントの利用に関する研究 (第2報) : 早強ポルトランドセメントの混和の影響. その1

著者名:森 徹 / 永田 長重 / 関口 賢二
巻 号:34
ページ:7-12
年月次:1955-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

78

3. 高炉セメントの利用に関する研究 (第3報) : (コンクリートのスランプ試験報告, その1)

著者名:森 徹 / 永田 長重 / 関口 賢二
巻 号:34
ページ:13-18
年月次:1955-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

79

4. 高炉セメントの利用に関する研究 (第4報) : コンクリートの強度試験報告・その1

著者名:森 徹 / 永田 長重 / 関口 賢二
巻 号:34
ページ:19-24
年月次:1955-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

80

26. 集成木材に関する研究 (第4報) : 薄板積木材の研究, その2, 節と曲げ強さとの関係について

著者名:森 徹 / 今泉 勝吉
巻 号:34
ページ:111-116
年月次:1955-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

81

144 防火用石綿セメント板及び工法の研究 (第6報) : 試作防火板の全国調査, その2, 400×400mm^2板試験 屋外(2)級加熱の場合

著者名:森 徹 / 藤沢 竹寿
巻 号:33-1
ページ:87-88
年月次:1955-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

82

151 薄板積層木材とその工法に関する研究 (第2報) : 節と曲げ強さとの関係 (1) : 集成木材とその応用に関する研究、第4報

著者名:森 徹 / 今泉 勝吉
巻 号:33-1
ページ:101-102
年月次:1955-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

83

127 防火用石綿セメント板及び工法の研究 (第5報) : (防火工法構造部分設計案、その1)

著者名:森 徹 / 増田 文雄
巻 号:31-1
ページ:53-54
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

84

139 薄板積層木材とその工法に関する研究 (第1報) : 製造方法について (1) : (集成木材とその応用に関する研究 第3報)

著者名:森 徹 / 今泉 勝吉
巻 号:31-1
ページ:77-78
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

85

14. 防火用石綿セメント板の研究 (第10報) : (試作防火板の全国調査、その2, 2-200×400mm^2継目試験, 屋外2級加熱の場合)

著者名:森 徹 / 藤沢 竹寿
巻 号:32
ページ:53-56
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

86

15. 防火用石綿セメント板の研究 (第11報) : (試作防火板の全国調査その3品質試験 (1))

著者名:森 徹 / 松本 徳太郎 / 藤沢 竹寿
巻 号:32
ページ:57-60
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

87

16. 防火用石綿セメント板の研究 (第12報) : (加熱による爆裂発生の原因の研究, その1, 加熱による脱水現象に就て (1))

著者名:森 徹 / 増田 文雄
巻 号:32
ページ:61-66
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

88

23. 集成木材に関する研究 (第3表) : (薄板積層木材の研究, その1, 製造方法について)

著者名:森 徹 / 今泉 勝吉
巻 号:32
ページ:99-102
年月次:1955-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

89

16. 防火用石綿セメント板の研究 (第8報) : 防火工法の研究 その5, 構造部分設計例 (2)

著者名:森 徹 / 増田 文雄
巻 号:28-2
ページ:57-60
年月次:1954-11

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

90

120. 防火用石綿セメント板の研究 (第4報) : 試作防火板の全国調査、その1、400×400mm^2板試験、屋外2級加熱の場合

著者名:森 徹 / 藤沢 竹寿
巻 号:29-1
ページ:39-40
年月次:1954-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

91

118 防火用石綿セメント版の研究 (第3報) : 防火工法の研究, その3,910×910 mm 平板, 屋内加熱の場合

著者名:森 徹 / 藤沢 竹寿
巻 号:27
ページ:35-36
年月次:1954-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

92

9. 防火用石綿セメント板の研究 (第6報) : 防火工法の研究 その3. 910×910平板 屋内加熱の場合

著者名:森 徹 / 藤沢 竹寿
巻 号:23
ページ:33-36
年月次:1953-08

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

93

10. 防火用石綿セメント板の研究 (第7報) : 防火工法の研究 その4. 構造部分設計例 (1)

著者名:森 徹 / 吉田 益雄
巻 号:23
ページ:37-40
年月次:1953-08

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

94

18 防火用石綿セメント板の研究 (第2報) : 防火工法の研究 その1-屋内1級加熱, その2-屋内2級加熱の場合

著者名:森 徹 / 藤沢 竹壽
巻 号:22
ページ:35-36
年月次:1953-05

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

95

28 防火用石綿セメント板の研究 (第3報) : 防火工法の研究 その1

著者名:森 徹 / 藤森 竹壽
巻 号:21
ページ:127-130
年月次:1953-03

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

96

29 防火用石綿セメント板の研究 (第4報) : 特殊波板. 其の1. 屋内加熱

著者名:森 徹 / 松本 徳太郎 / 藤森 竹壽
巻 号:21
ページ:131-134
年月次:1953-03

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

97

建築材料 (1952年建築界展望)

著者名:森 徹
巻 号:793
ページ:31-32
年月次:1952-12

[ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

98

4 防火用石綿セメント板の研究 (第1報) : 屋内加熱の場合

著者名:森 徹 / 近藤 重之助 / 松本 徳太郎
巻 号:20
ページ:7-8
年月次:1952-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

99

9 砕石・玉砂利コンクリートに関する研究

著者名:森 徹 / 永田 長重 / 白山 和久 / 関口 賢二
巻 号:20
ページ:17-18
年月次:1952-10

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

100

7. 防火用石綿セメント板の研究 (第1報) : 屋内加熱の場合 その1. 品質試験結果

著者名:森 徹 / 松本 徳太郎 / 藤沢 竹寿
巻 号:19
ページ:24-27
年月次:1952-09

[ 関東支部 ] [ 日本建築學會研究報告 ] [ 支部研究報告 ]

51~100件 / 全147件