論文検索

詳細検索 閉じる

※姓と名の間には半角スペースを入れてください。

年 ~
月号

論文集技術報告集J-STAGE無料で閲覧できます。

検索結果

1~11件 / 全11件

1

22599 従来型筋違付重層骨組の最大層間変位角(平面骨組(2),構造III,学術講演会・建築デザイン発表会)

著者名:宮地 伸伍 / 小川 厚治
巻 号:2015
ページ:1197-1198
年月次:2015-09

[ 年次分冊区分 ] [ 構造III (2012 ~ 現在) ] [ 構造III ] [ 学術講演梗概集DVD ]

2

268 各層耐力分担率の異なる筋違付多層骨組の最大層間変位角(建築構造)

著者名:宮地 伸伍 / 小川 厚治
巻 号:54
ページ:481-484
年月次:2015-03

[ 九州支部 ] [ 日本建築学会九州支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

3

22604 単純な復元力特性を持つ従来型筋違付骨組の最大層間変位角(平面骨組(3),構造III,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

著者名:宮地 伸伍 / 小川 厚治
巻 号:2014
ページ:1207-1208
年月次:2014-09

[ 年次分冊区分 ] [ 構造III (2012 ~ 現在) ] [ 構造III ] [ 学術講演梗概集DVD ]

4

従来型筋違付一層骨組における最大層間変位角の予測 

著者名:宮地 伸伍 / 小川 厚治
巻 号:702
ページ:1175
年月次:2014-08

[ 構造系 ] [ 日本建築学会構造系論文集 ] [ 論文集 ]

5

260 単純化復元力特性を持つ筋違付骨組に生じる最大層間変位角(建築構造)

著者名:宮地 伸伍 / 小川 厚治
巻 号:53
ページ:453-456
年月次:2014-03

[ 九州支部 ] [ 日本建築学会九州支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

6

22496 従来型筋違の耐力分担率上限値の検討(平面骨組(3),構造III,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

著者名:宮地 伸伍 / 小川 厚治
巻 号:2013
ページ:991-992
年月次:2013-08

[ 年次分冊区分 ] [ 構造III (2012 ~ 現在) ] [ 構造III ] [ 学術講演梗概集DVD ]

7

255 鋼構造多層骨組における筋違の耐力分担率の上限値の検討(建築構造)

著者名:宮地 伸伍 / 宮下 いづみ / 小川 厚治
巻 号:52
ページ:449-452
年月次:2013-03

[ 九州支部 ] [ 日本建築学会九州支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

8

207 各種膜厚のモリブデンを溶射した滑り型免震支承に関する実験的研究 : (その1)水平方向に加振した場合(建築構造)

著者名:宮地 伸伍 / 長嶋 龍太朗 / 小野 聡子
巻 号:51
ページ:249-252
年月次:2012-03

[ 九州支部 ] [ 日本建築学会九州支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

9

21268 モリブデンを滑り面に溶射した滑り型免震支承に関する実験的研究 : (その1)水平方向へ加振した場合に溶射膜厚が動特性におよぼす影響(免震滑り・実験,構造II)

著者名:長嶋 龍太朗 / 宮地 伸伍 / 小野 聡子
巻 号:2011
ページ:535-536
年月次:2011-07

[ 年次分冊区分 ] [ B-2.構造II.振動.原子力プラント (1995 ~ 2011 ) ] [ 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント ] [ 大会梗概集 ]

10

216 各種膜厚のステンレスを溶射した滑り型免震支承に関する実験的研究 : その2 上下方向に加振した場合(建築構造)

著者名:宮地 伸伍 / 長嶋 龍太朗 / 小野 聡子
巻 号:50
ページ:261-264
年月次:2011-03

[ 九州支部 ] [ 日本建築学会九州支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

11

21211 ステンレスを滑り面に溶射した滑り型免震支承に関する実験的研究 : (その3)上下方向に加振した場合に溶射膜厚が動特性におよぼす影響(免震積層ゴム(3),構造II)

著者名:宮地 伸伍 / 小野 聡子
巻 号:2010
ページ:421-422
年月次:2010-07

[ 年次分冊区分 ] [ B-2.構造II.振動.原子力プラント (1995 ~ 2011 ) ] [ 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント ] [ 大会梗概集 ]

1~11件 / 全11件