論文検索

詳細検索 閉じる

※姓と名の間には半角スペースを入れてください。

年 ~
月号

論文集技術報告集J-STAGE無料で閲覧できます。

検索結果

1~27件 / 全27件

1

コロナ禍における居場所の利用行動と主観的健康感の変化 -新型コロナウイルス感染症流行期「第3波」の大阪府を事例として-

著者名:柳川 映子 / 加登 遼 / 松下 大輔
巻 号:798
ページ:1485-1492
年月次:2022-08

[ 系列 ] [ 計画系 ] [ 日本建築学会計画系論文集 ] [ 論文集 ]

2

コロナ禍における郊外住宅地居住者の生活行動と抑うつ傾向の関係 -大阪府富田林市寺池台を事例として-

著者名:郭 乙萱 / 加登 遼 / 松下 大輔
巻 号:793
ページ:587-595
年月次:2022-03

[ 系列 ] [ 計画系 ] [ 日本建築学会計画系論文集 ] [ 論文集 ]

3

5470 コロナ禍における居場所の利用行動と生活の質の変化

著者名:柳川 映子 / 加登 遼 / 松下 大輔
巻 号:2021
ページ:959-960
年月次:2021-07

[ 年次分冊区分 ] [ 建築計画 (2012 ~ 現在) ] [ 建築計画 ] [ 学術講演梗概集DVD ]

4

7058 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を支援する時空間分析法の提案 ポイント型流動人口データを用いた時空間カーネル密度推定法を用いて

著者名:加登 遼
巻 号:2021
ページ:119-122
年月次:2021-07

[ 年次分冊区分 ] [ 都市計画 (2012 ~ 現在) ] [ 都市計画 ] [ 学術講演梗概集DVD ]

5

京都市中心部における簡易宿所型ジェントリフィケーションが都市組織に与えた影響 ‐2015 年から2019 年までの京都市下京区修徳学区を事例として‐

著者名:加登 遼
巻 号:783
ページ:1443-1453
年月次:2021-05

[ 系列 ] [ 計画系 ] [ 日本建築学会計画系論文集 ] [ 論文集 ]

6

7352 京都市中心部の簡易宿所型ジェントリフィケーションに対する居住者評価 京都市下京区修徳学区を事例として

著者名:加登 遼
巻 号:2020
ページ:791-794
年月次:2020-09

[ 年次分冊区分 ] [ 都市計画 (2012 ~ 現在) ] [ 都市計画 ] [ 学術講演梗概集DVD ]

7

京都市中心部の簡易宿所型ジェントリフィケーションに対する居住者評価 -京都市下京区修徳学区を事例として-

著者名:加登 遼
巻 号:772
ページ:1195-1205
年月次:2020-06

[ 系列 ] [ 計画系 ] [ 日本建築学会計画系論文集 ] [ 論文集 ]

8

シナリオ・プランニングに基づくスプロールエリアの将来シナリオに対するウォーカビリティ評価 -北大阪都市計画区域における茨木市を事例としたスマートデクラインに向けて-

著者名:加登 遼 / 神吉 紀世子
巻 号:767
ページ:101-111
年月次:2020-01

[ 系列 ] [ 計画系 ] [ 日本建築学会計画系論文集 ] [ 論文集 ]

9

7321 シナリオ・プランニングに基づくスプロールエリアの将来シナリオに対するウォーカビリティ評価 ‐北大阪都市計画区域における茨木市を事例としたスマートデクラインに向けて‐

著者名:加登 遼 / 神吉 紀世子
巻 号:2019
ページ:705-706
年月次:2019-07

[ 年次分冊区分 ] [ 都市計画 (2012 ~ 現在) ] [ 都市計画 ] [ 学術講演梗概集DVD ]

10

シナリオ・プランニングに基づくスプロールエリアの将来シナリオに対するウォーカビリティ評価 -北大阪都市計画区域における茨木市を事例としたスマートデクラインに向けて-

著者名:加登 遼 / 神吉 紀世子
巻 号:59
ページ:325-328
年月次:2019-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系 ] [ 支部研究報告 ]

11

7334 スプロール市街地における主観的街路評価からみたウォーカブルデザイン指標の有効性 北大阪都市計画区域のスプロール市街地におけるスマートシュリンキングに向けて

著者名:加登 遼 / 神吉 紀世子
巻 号:2018
ページ:733-734
年月次:2018-07

[ 年次分冊区分 ] [ 都市計画 (2012 ~ 現在) ] [ 都市計画 ] [ 学術講演梗概集DVD ]

12

スプロール市街地における主観的街路評価からみたウォーカブルデザイン指標の有効性 -北大阪都市計画区域のスプロール市街地におけるスマートシュリンキングに向けて-

著者名:加登 遼 / 神吉 紀世子
巻 号:58
ページ:417-420
年月次:2018-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系 ] [ 支部研究報告 ]

13

7070 大都市圏周辺地域におけるスマートシュリンキングとしてのウォーカビリティ指標の開発 北大阪都市計画区域における茨木市に着目して

著者名:加登 遼 / 神吉 紀世子
巻 号:2017
ページ:217-218
年月次:2017-07

[ 年次分冊区分 ] [ 都市計画 (2012 ~ 現在) ] [ 都市計画 ] [ 学術講演梗概集DVD ]

14

大都市圏周辺地域においてスマートシュリンキングを実現するウォーカビリティ指標の開発 ‐北大阪都市計画区域と茨木市に着目して‐

著者名:加登 遼 / 神吉 紀世子
巻 号:57
ページ:445-448
年月次:2017-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系 ] [ 支部研究報告 ]

15

スマートコミュニティの概念と多層構造システムによるモデル化 スマートコミュニティとしての都市エリアのデザイン方法に関する研究(その1)

著者名:加登 遼 / 門内 輝行
巻 号:2016
ページ:863-864
年月次:2016-08

[ 年次分冊区分 ] [ 都市計画 (2012 ~ 現在) ] [ 都市計画 ] [ 学術講演梗概集DVD ]

16

スマートコミュニティプロジェクトの類型化とデザイン方法のモデル化 スマートコミュニティとしての都市エリアのデザイン方法に関する研究(その2)

著者名:金丸 厳太 / 加登 遼 / 門内 輝行
巻 号:2016
ページ:865-866
年月次:2016-08

[ 年次分冊区分 ] [ 都市計画 (2012 ~ 現在) ] [ 都市計画 ] [ 学術講演梗概集DVD ]

17

スマートコミュニティとしてのデザイン方法と都市エリアの分析 スマートコミュニティとしての都市エリアのデザイン方法に関する研究(その3)

著者名:桐谷 龍之介 / 加登 遼 / 門内 輝行
巻 号:2016
ページ:867-868
年月次:2016-08

[ 年次分冊区分 ] [ 都市計画 (2012 ~ 現在) ] [ 都市計画 ] [ 学術講演梗概集DVD ]

18

スマートコミュニティの概念とその多層構造システムによるモデル化 スマートコミュニティとしての都市エリアのデザイン方法に関する研究(その1)

著者名:加登 遼 / 門内 輝行
巻 号:56
ページ:301-304
年月次:2016-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系 ] [ 支部研究報告 ]

19

スマートコミュニティのデザイン方法と都市エリアの分析 スマートコミュニティとしての都市エリアのデザイン方法に関する研究(その2)

著者名:桐谷 龍之介 / 加登 遼 / 門内 輝行
巻 号:56
ページ:305-308
年月次:2016-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系 ] [ 支部研究報告 ]

20

7020 スマートシティプロジェクトの動向と茨木市の都市構造の把握 : 持続可能社会のためのスマートシティのデザインに関する研究(その1)(持続可能な都市形成,都市計画,学術講演会・建築デザイン発表会)

著者名:伊月 和歩 / 加登 遼 / 門内 輝行
巻 号:2015
ページ:47-48
年月次:2015-09

[ 年次分冊区分 ] [ 都市計画 (2012 ~ 現在) ] [ 都市計画 ] [ 学術講演梗概集DVD ]

21

7021 持続可能な都市エリアとしてのスマートコミュニティの計画 : 持続可能社会のためのスマートシティのデザインに関する研究(その2)(持続可能な都市形成,都市計画,学術講演会・建築デザイン発表会)

著者名:荒川 綾 / 伊月 和歩 / 加登 遼 / 扇野 裕大 / 門内 輝行
巻 号:2015
ページ:49-50
年月次:2015-09

[ 年次分冊区分 ] [ 都市計画 (2012 ~ 現在) ] [ 都市計画 ] [ 学術講演梗概集DVD ]

22

7022 茨木市スマートコミュニティプロジェクトのプロトタイピング : 持続可能社会のためのスマートシティのデザインに関する研究(その3)(持続可能な都市形成,都市計画,学術講演会・建築デザイン発表会)

著者名:加登 遼 / 扇野 裕大 / 三野 春樹 / 門内 輝行
巻 号:2015
ページ:51-52
年月次:2015-09

[ 年次分冊区分 ] [ 都市計画 (2012 ~ 現在) ] [ 都市計画 ] [ 学術講演梗概集DVD ]

23

スマートシティプロジェクトの動向と茨木市の都市構造の把握 持続可能社会のためのスマートシティのデザインに関する研究(その1)

著者名:伊月 和歩 / 加登 遼 / 門内 輝行
巻 号:55
ページ:385-388
年月次:2015-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系 ] [ 支部研究報告 ]

24

茨木市スマートコミュニティプロジェクトのプロトタイピング 持続可能社会のためのスマートシティのデザインに関する研究(その2)

著者名:加登 遼 / 扇野 裕大 / 三野 春樹 / 伊月 和歩 / 門内 輝行
巻 号:55
ページ:389-392
年月次:2015-06

[ 支部名 ] [ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系 ] [ 支部研究報告 ]

25

5291 注視点領域の分析による景観評価と注視特性の関係の考察 アイマークレコーダを用いた街並み景観の注視特性に関する研究 (その2)(都市の景観,建築計画,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

著者名:加登 遼 / 高田 直樹 / 門内 輝行
巻 号:2014
ページ:613-614
年月次:2014-09

[ 年次分冊区分 ] [ 建築計画 (2012 ~ 現在) ] [ 建築計画 ] [ 学術講演梗概集DVD ]

26

7026 生活行動調査に基づく交通行動の把握と時空間パス断面図の記述 : スマートコミュニティに関する研究(その2)(都市計画)

著者名:加登 遼 / 山下 有加 / 門内 輝行
巻 号:54
ページ:417-420
年月次:2014-05

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系 ] [ 支部研究報告 ]

27

7079 記述された地面についての考察 : 地面のデザインに関する研究(その2)(認知論,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

著者名:加登 遼 / 北 雄介 / 門内 輝行
巻 号:2013
ページ:157-158
年月次:2013-08

[ 年次分冊区分 ] [ 都市計画 (2012 ~ 現在) ] [ 都市計画 ] [ 学術講演梗概集DVD ]

1~27件 / 全27件