21490 相互作用の影響を受けた構造物の応答から層剛性と減衰定数を推定する方法について (その2)複素等価高さの計算法とその効果

巻 号:2019
ページ:979-980
年月次:2019-07

著者名

収録刊行物

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

【ご注意事項】

  • 定額機関IPからのアクセスです。Web会員登録を行うことで、論文を無料で閲覧可能となります。
  • 本会会員の方はサインインによりPDF無料閲覧可能となります。