まちづくりにおけるAIの可能性 : 建築家にとって科学とは何か?(第4部||先端技術と都市:都市にどのような変革がもたらされるのか?,<特集>都市の未来を構想できるか?)

巻 号:1704
ページ:36-37
年月次:2017-11

著者名

  • 吉村 有司

    建築家:マサチューセッツ工科大学建築・都市計画学部:ルーヴル美術館

収録刊行物

[ 種類 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ] [ 建築雑誌 ]

※この論文は有料(1,080円)です。

当該論文は公開されていません。