21148 広帯域ハイブリッド法における短周期帯域と長周期帯域の手法の違いが接続周期帯域の地震動に与える影響に関する一考察(強震動予測(1),構造II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

巻 号:2014
ページ:295-296
年月次:2014-09

著者名

収録刊行物

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

【ご注意事項】

  • 定額機関IPからのアクセスです。Web会員登録を行うことで、論文を無料で閲覧可能となります。
  • 本会会員の方はサインインによりPDF無料閲覧可能となります。