9141 Eero Saarinen研究 : モダニズム後期の「多様な表現」をめぐる設計思想と現代-(2)(意匠論:作家論・作品論(4),建築歴史・意匠,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

巻 号:2014
ページ:281-282
年月次:2014-09

著者名

  • 井上 美奈

    早稲田大学理工学術院創造理工学研究科建築学専攻・修士課程

  • 野沢 美咲

    早稲田大学理工学術院創造理工学研究科建築学専攻・修士課程

  • 斎藤 信吾

    早稲田大学理工学術院創造理工学研究科建築学科:早稲田大学理工学研究所

  • 古谷 誠章

    早稲田大学理工学術院創造理工学研究科建築学科:早稲田大学理工学研究所

収録刊行物

[ 年次分冊区分 ] [ 建築歴史・意匠 (2012 ~ 現在) ] [ 建築歴史・意匠 ] [ 学術講演梗概集DVD ]

【ご注意事項】

  • スマートフォンでダウンロードする場合は、ファイル閲覧用のアプリを別途インストールしてください。
  • 本会会員の方はサインインによりPDF無料閲覧可能となります。