2007 東海・東南海・南海単独地震の応答に基づく三連動地震による制振構造の最大値と累積値の応答評価法 : その1:応答スペクトルとエネルギースペクトルを用いた検討(構造)

巻 号:85
ページ:233-236
年月次:2015-03

著者名

収録刊行物

[ 関東支部 ] [ 日本建築学会関東支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

【ご注意事項】

  • スマートフォンでダウンロードする場合は、ファイル閲覧用のアプリを別途インストールしてください。
  • 本会会員の方はサインインによりPDF無料閲覧可能となります。