1036 粘弾塑性サスペンション要素法によるコンクリート壁開口部における乾燥収縮ひび割れ解析(収縮・クリープ(6),材料施工,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

巻 号:2013
ページ:71-72
年月次:2013-08

著者名

  • 平岩 陸

    名城大学理工学部建築学科

  • 朴 相俊

    金城学院大学生活環境学部環境デザイン学科

収録刊行物

[ 年次分冊区分 ] [ 材料施工 (2012 ~ 現在) ] [ 材料施工 ] [ 学術講演梗概集DVD ]

【ご注意事項】

  • スマートフォンでダウンロードする場合は、ファイル閲覧用のアプリを別途インストールしてください。
  • 本会会員の方はサインインによりPDF無料閲覧可能となります。