21396 高加速度強震地震動入力時の位相差による建築構造物の応答低減に関する研究 : その3 : 入力の時間差を確率分布で規定する場合(応答性状(3),構造II,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

巻 号:2012
ページ:791-792
年月次:2012-09

著者名

収録刊行物

[ 年次分冊区分 ] [ 構造II (2012 ~ 現在) ] [ 構造II ] [ 学術講演梗概集DVD ]

【ご注意事項】

  • スマートフォンでダウンロードする場合は、ファイル閲覧用のアプリを別途インストールしてください。
  • 本会会員の方はサインインによりPDF無料閲覧可能となります。