線形粘弾性ダンパーのKelvinモデル化手法における精度改良に関する考察 : 外乱振動数成分の粘弾性体特性への影響を付加的に考慮したモデル

巻 号:48B
ページ:545-553
年月次:2002-03

著者名

  • 笠井 和彦

    東京工業大学建築物理研究センター

  • 大熊 潔

    住友スリーエム株式会社チープ製品技術部

収録刊行物

[ 構造工学論文集.B ] [ 構造工学論文集.B ]

【ご注意事項】

  • スマートフォンでダウンロードする場合は、ファイル閲覧用のアプリを別途インストールしてください。
  • 本会会員の方はサインインによりPDF無料閲覧可能となります。