D-10 Cu-Al-Mn超弾性合金及びネットワークを用いたRC梁における自己修復機能の向上に関する検討(材料施工II)

巻 号:76
ページ:155-156
年月次:2013-06

著者名

  • 三浦 裕騎

    日本大学大学院工学研究科建築学専攻

  • 日本大学工学部建築学科

  • 大平 旭洋

    日本大学大学院工学研究科建築学専攻

  • 京都大学大学院工学研究科建築学専攻

  • 荒木 慶一

    京都大学大学院工学研究科建築学専攻

収録刊行物

[ 東北支部 ] [ 日本建築学会東北支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

【ご注意事項】

  • スマートフォンでダウンロードする場合は、ファイル閲覧用のアプリを別途インストールしてください。
  • 本会会員の方はサインインによりPDF無料閲覧可能となります。