2006 骨組特性値に基づく超高層制振建物の性能評価 : その3 制振部材の塑性化を考慮した実効変形比の予測手法の提案

【ご注意事項】

  • スマートフォンでダウンロードする場合は、ファイル閲覧用のアプリを別途インストールしてください。
  • 本会会員の方はサインインによりPDF無料閲覧可能となります。