008 建物の熱的影響と気象条件による雪質の変化を考慮した屋根積雪多層熱収支モデルの開発 : その2 実建物における屋根雪調査(構造1,講演研究論文、計画・技術報告)

巻 号:85
ページ:29-32
年月次:2012-06

著者名

  • 阿部 佑平

    北海道立総合研究機構北方建築総合研究所

  • 堤 拓哉

    北海道立総合研究機構北方建築総合研究所

収録刊行物

[ 北海道支部 ] [ 日本建築学会北海道支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

【ご注意事項】

  • スマートフォンでダウンロードする場合は、ファイル閲覧用のアプリを別途インストールしてください。
  • 本会会員の方はサインインによりPDF無料閲覧可能となります。