20129 立体骨組の座屈性状が設計に及ぼす影響(座屈・臨界挙動,構造I)

巻 号:2011
ページ:257-258
年月次:2011-07

著者名

  • 定金 駿介

    東京大学工学系研究科建築学専攻修士課程

  • 朝光 拓也

    東京大学大学院工学系研究科建築学専攻

  • 福山 智子

    東京大学大学院工学系研究科建築学専攻

  • 佐藤 淳

    東京大学大学院工学系研究科建築学専攻

収録刊行物

[ 年次分冊区分 ] [ B-1.構造I.荷重、信頼性、応用力学、構造解析、基礎構造、シェル、立体構造、膜構造 (1995 ~ 2011) ] [ 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造 ] [ 大会梗概集 ]

【ご注意事項】

  • スマートフォンでダウンロードする場合は、ファイル閲覧用のアプリを別途インストールしてください。
  • 本会会員の方はサインインによりPDF無料閲覧可能となります。