328 循環建築を可能にする凌震構造の力学特性 : その4 面外曲げを受ける梁部材の損傷限界耐力評価(建築構造)

巻 号:42
ページ:685-688
年月次:2003-03

著者名

収録刊行物

[ 九州支部 ] [ 日本建築学会九州支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

【ご注意事項】

  • ダウンロードできるファイルの種類は、PDF形式(.pdf)の電子資料となります。
  • 本会会員の方はサインインによりPDF無料閲覧可能となります。