210 応力関数と適合変位を独立関数とするHellinger-Reissnerの原理に基礎をおく偏平殼の一解析法(構造)

巻 号:34
ページ:193-196
年月次:1994-03

著者名

収録刊行物

[ 九州支部 ] [ 日本建築学会九州支部研究報告集 ] [ 支部研究報告 ]

【ご注意事項】

  • スマートフォンでダウンロードする場合は、ファイル閲覧用のアプリを別途インストールしてください。
  • 本会会員の方はサインインによりPDF無料閲覧可能となります。