2083 曲げせん断を受けるRC造柱の最大残留ひび割れ幅算定に関する考察(構造)

巻 号:51
ページ:329-332
年月次:2011-05

著者名

  • 南口 真一

    大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻

  • 岸本 一蔵

    大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻

収録刊行物

[ 近畿支部 ] [ 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系 ] [ 支部研究報告 ]

【ご注意事項】

  • スマートフォンでダウンロードする場合は、ファイル閲覧用のアプリを別途インストールしてください。
  • 本会会員の方はサインインによりPDF無料閲覧可能となります。