41281 越屋根の風力換気設計法に関する研究 : (その5)越屋根寸法、開口条件等が特性曲線に及ぼす影響(自然通風利用(1),環境工学II)

巻 号:2004
ページ:589-590
年月次:2004-07

著者名

  • 田辺 慎吾

    大阪大学大学院工学研究科建築工学專攻博士前期課程

  • 相良 和伸

    大阪大学大学院工学研究科建築工学專攻

  • 山中 俊夫

    大阪大学大学院工学研究科建築工学專攻

  • 甲谷 寿史

    大阪大学大学院工学研究科建築工学專攻

  • 小林 知広

    大阪大学大学院工学研究科建築工学專攻博士前期課程

収録刊行物

[ 年次分冊区分 ] [ D-2.環境工学II.熱.湿気.温熱感.自然エネルギー.気流、換気、排煙.数値流体.空気清浄.暖冷房、空調.熱源設備.設備応用 (1995 ~ 2011) ] [ 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用 ] [ 大会梗概集 ]

【ご注意事項】

  • スマートフォンでダウンロードする場合は、ファイル閲覧用のアプリを別途インストールしてください。
  • 本会会員の方はサインインによりPDF無料閲覧可能となります。