23255 強度と剛性がRC構造物の損傷量に及ぼす影響(設計・性能評価(3),構造IV)

巻 号:2009
ページ:531-532
年月次:2009-07

著者名

  • 河東 寿弥

    東京理科大学大学院理工学研究科建築学専攻

  • 鈴木 淳一

    東京理科大学大学院理工学研究科建築学専攻

  • 衣笠 秀行

    東京理科大学大学院理工学研究科建築学専攻

収録刊行物

[ 年次分冊区分 ] [ C-2.構造IV.鉄筋コンクリート構造.プレストレストコンクリート構造.壁構造、組積構造 (1995 ~ 2011) ] [ 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造 ] [ 大会梗概集 ]

【ご注意事項】

  • スマートフォンでダウンロードする場合は、ファイル閲覧用のアプリを別途インストールしてください。
  • 本会会員の方はサインインによりPDF無料閲覧可能となります。