22328 表面処理・締付け施工法を変数とした高力ボルト摩擦接合部のすべり実験 : その1 実験概要と締付け施工法による影響(接合要素:ボルト・高力ボルト,構造III)

巻 号:2010
ページ:655-656
年月次:2010-07

著者名

  • 河井 翔太郎

    大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻建築工学

  • 聲高 裕治

    大阪工業大学工学部建築学科

  • 桑原 進

    大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻建築工学

  • 山口 隆司

    大阪市立大学大学院工学研究科都市系専攻

  • 平井 敬二

    西日本工業大学建築学科

  • 亀井 義典

    大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻社会基盤工学

収録刊行物

[ 年次分冊区分 ] [ C-1.構造III.木質構造.鉄骨構造.鉄骨鉄筋コンクリート構造 (1995 ~ 2011) ] [ 学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造 ] [ 大会梗概集 ]

【ご注意事項】

  • スマートフォンでダウンロードする場合は、ファイル閲覧用のアプリを別途インストールしてください。
  • 本会会員の方はサインインによりPDF無料閲覧可能となります。