微動観測から推定した台湾集集地震強震観測点の表層S波速度構造とその建物被害への影響

巻 号:550
ページ:65-70
年月次:2001-12

著者名

  • 時松 孝次

    東京工業大学大学院理工学研究科建築学専攻

  • 関口 徹

    東京工業大学大学院理工学研究科建築学専攻:(現)西松建設(株)

収録刊行物

[ 構造系 ] [ 日本建築学会構造系論文集 ] [ 論文集 ]

【ご注意事項】

  • スマートフォンでダウンロードする場合は、ファイル閲覧用のアプリを別途インストールしてください。
  • 本会会員の方はサインインによりPDF無料閲覧可能となります。