2057 鉄骨骨組構造物のshake down限界面と変形硬化解析 : その2 静的繰り返し荷重を受ける場合の簡略化shake down限界面モデル(構造)

巻 号:79
ページ:365-368
年月次:2009-03

著者名

  • 伊藤 拓海

    東京大学大学院工学系研究科建築学専攻

収録刊行物

[ 関東支部 ] [ 研究報告集 I, 材料・施工・構造・防火・環境工学 ] [ 支部研究報告 ]

【ご注意事項】

  • 定額機関IPからのアクセスです。Web会員登録を行うことで、論文を無料で閲覧可能となります。
  • 本会会員の方はサインインによりPDF無料閲覧可能となります。