UDC 著(編者) 刊行物名 発行所 発行年月 頁数 サイズ 価格 内容概要
711.123 大江新 (著) 東京・再開発ガイド 
街とつながるグラウンドレベルのデザイン
学芸出版社 2023/1 220p. 21cm 3,080円 再開発の功罪を論じた本は多いが、その計画や設計、とりわけ街との接点となる足元部分のつくりに着目した本はない。そのデザインしだいで、大型建築の長所を活かしながら、短所を軽減することができる。そのための考え方、デザイン手法について示す初めての本。
726.139 明治神宮国際神道文化研究所 (編) 明治神宮100年の森で未来を語る 
Mの森連続フォーラム全記録
鹿島出版会 2023/1 335p. 21cm 3,520円 「明治神宮鎮座百年祭記念シンポジウム」の記録集。2020年に鎮座100年を迎えた明治神宮の代々木の森から未来への提言。
728.99 松村秀一、稲葉信子、上西明、内田青蔵、桐浴邦夫、藤田盟児 (編)
日本建築和室の世界遺産的価値研究会 
()
住総研住まい読本 
和室礼讃 「ふるまい」の空間学
晶文社 2022/12 241p. 21cm 2,970円 「和室」での人の「ふるまい」に着目し、約40名の和室を愛するメンバーが日本ならではの空間の特質を象徴的な写真や絵図とともに明らかにする。また、古今東西の著名人による「和室礼讃」の文章も厳選し解説している。
92 本間利雄+自伝編集委員会  () 建築家・本間利雄 風土に根ざした建築を求めて 鹿島出版会 2023/1 447p. 22cm 3,960円 東北を中心に活動した建築家・本間利雄の生涯を、約10年にわたり聞き書きし、本間利雄建築設計事務所内で編纂した1冊。