UDC 著(編者) 刊行物名 発行所 発行年月 頁数 サイズ 価格 内容概要
550.34 復興まちづくり研究所 (編) 実践! 復興まちづくり 合同フォレスト 2017.10 232p. 22cm 1,800円 東日本大震災の後、多くの被災者は仮設住宅で孤立した日々を送らざるをえなかった。しかし陸前高田市の長洞集落は、被災者がまとまって住める仮設住宅団地「長洞元気村」を実現さる。本書はそのドキュメントである。
69.008 辻幸和、安藤哲也、地頭薗博、
十河茂幸、鳥取誠一 (著)
コンクリート診断士試験完全攻略問題集 2018年版 コンクリート新聞社 2018.1 376p. 26cm 3,800円 ここが違う!!難関資格の合格を徹底サポート!◆プロ集団が全力解説◆オリジナルの演習問題がメガ盛り◆発刊17年 診断士受験のパイオニア◆記述式過去問題10年分の模範解答。過去5年間の四肢択一式試験問題の写真・図版がカラーで見やすく、年度別・設問テーマ別に掲載し、解答案、解説を示しています。過去問題で試験問題に慣れ、演習問題で合格のための応用力をつけましょう!
69.02 戸田建設建築工事技術部 (編著) 戸田建設の建築標準ディテール図集 第3版 彰国社 2018.2 150p. 30cm 3,400円 ゼネコンによる、最も標準的な建築ディテール集。各部位別の詳細ディテールに、施工の要点や材料に関する注意事項を添え、巻末には材料性能や規格材の一覧表を付した。
696/697 近藤武士、田中英紀、原英嗣、関根雅文、
原耕一朗、鈴木利幸、中村祐介、森山修治 (著)
つながりで学ぶ 建築設備 彰国社 2018.2 210p. 26cm 3,000円 給排水、空調、電気がどのようにとりあい、つながるか。建物内での所在を断面で示し、そのはたらきがわかる、建築系大学生や若手実務者のための建築設備の入門書である。
711.03 伊藤之雄 (著) 「大京都」の 誕生 ミネルヴァ書房 2018.2 518,11p. 22cm 7,500円 かつて「三都」の一つであった京都は、維新後の没落と都市間競争の激化にどう立ち向かったのか。本書では、近代京都が行った二つの都市改造事業について、政治家や市職員、そして市民たちによる構想と展開を解明する。
72.01 成瀬友梨 (編著)、ほか 子育てをしながら建築を仕事にする 学芸出版社 2018.2 251p. 19cm 2,000円 ゼネコン、アトリエ、組織事務所、ハウスメーカー、個人事務所他、異なる立場で子育て中の現役男女各8名の体験談。仕事と子育ての両立は試行錯誤の連続だが、得られる発見や喜びは想像以上に大きい。建築業界で働き続けることに不安を持つ学生、若手実務者とその上司におくる、リアルな将来像を描くためのエッセイ集。
728.99 桐浴邦夫 (著) 茶の湯空間の近代 思文閣出版 2018.1 262,xiip. 22cm 5,800円 近代の茶の湯空間についての研究は、建築史においても十分な蓄積があるとは言い難い。本書は、茶の湯の系譜を考慮しつつ、「茶の湯空間」が近代においてどのように理解されてきたのかを読み解く試みである。