UDC 著(編者) 刊行物名 発行所 発行年月 頁数 サイズ 価格 内容概要
061.4 住友和子編集室、村松寿満子 (編) LIXIL BOOKLET 超絶記録! 西山夘三のすまい採集帖 LIXIL出版 2017.6 112p. 21cm 1,800円 日本のすまい研究を牽引してきた建築学者、西山夘三(1911-1994)が、徹底した住み方調査を通して残した膨大なスケッチや図版などから、西山すまい学の一端に触れる一冊。
628.1/2 中井多喜雄 (著)、田中毅弘 (改訂監修)、
石田芳子 (イラスト)
改訂版 イラストでわかる給排水・衛生設備のメンテナンス 学芸出版社 2017.6 207p. 26cm 3,000円 今更人には聞けない“水の設備”のキホンから、日々の管理の落とし穴、現場で役立つ点検のコツまで総ざらい。見やすくなった2色イラストで、水の通り道や器具の構造、重要語句も一目瞭然。
69.007 堀与志男、坂口和保ほか(著)、
日経コンストラクション (編)
2017年版 技術士第二次試験建設部門 
択一式対策厳選100問
日経BP社 2017.5 283p. 21cm 2,800円 本書は、技術士第二次試験の択一式で求められる広範囲の専門知識を効率よく習得できるよう、出題の可能性が高いテーマやキーワードに着目して想定問題を作成しました。分野ごとに厳選した合計100問の解説では、関連するテーマの背景や動向を図表も交えながら説明しています。13〜16年度改正後4年間の過去問についても全問、解説を加えました。
69.007 西村隆司、日経コンストラクション (編著) 2017年版 技術士第二次試験 
建設部門 最新キーワード100
日経BP社 2017.7 231p. 21cm 2,800円 本書は改正後の13〜16年度の出題傾向を基に、記述式試験や択一式試験で押さえておくべき100個のキーワードを厳選。それぞれの意味や背景だけでなく、最新の動向やポイントも豊富な図表を交えて解説しています。論文の構成や題意の把握に役立つよう、関連するキーワードも併記しました。
69.007 三原斉、土田裕康 (著) 平成29年度版 2級建築施工管理技士[実地] 
出題順 合格できる記述添削と要点解説
彰国社 2017.6 288p. 26cm 2,800円 平成29年度版2級建築施工管理技士実地試験の受験書。受検種別ごとの過去5年の添削記述例と解答・解説に加え、出題頻度の高い知識を集めた「解く前のおさらい」で構成。
69.007 中村英紀 (編著) 2級土木施工管理技士実地試験 
書き方添削と用語解説 第四版
彰国社 2017.5 270p. 21cm 2,500円 第三版から10年、出題傾向や出題形式の変更に伴い大幅な見直しをした。学科ではさらに幅広い分野から細部まで指定され、経験記述問題ではより技術的知識が必要となる。
69.007 中村敏昭 (著) 平成29年度版 1級建築施工管理技士[実地] 
徹底攻略! 記述添削と要点解説
彰国社 2017.5 318p. 21cm 2,600円 1級建築施工管理技士実地試験の最新5年分の全問題を解説。施工経験記述問題では、記述例に添削し、着眼点とポイントを公開している。出題傾向、作文のルールなども収録。
711.4 松永安光、徳田光弘 (編著) 世界の地方創生 学芸出版社 2017.6 224p. 19cm 2,000円 先進木造、村ぐるみの宿、美酒佳肴、小規模公民連携、美食とラーニング、アートビジネス、森林活用、既存ストック活用。リスクをとって、最初の一歩を踏み出した人たちをレポートする。
712.25 芦川智 (編) 有川智、金子友美、
鶴田佳子、高木亜紀子 (著)
世界の広場への旅 もうひとつの広場論 彰国社 2017.6 179p. 15×21cm 2,500円 ヨーロッパ各地、東アジアでの実測調査を通して、都市の広場の成立ちを時代、国家から読み解く新しい広場論。調査図面、スケッチ・写真により、広場の空間体験ができる。
72.03 香山壽夫 (写真・文) 建築のポートレート LIXIL出版 2017.3 96p. 17×20cm 2,200円 碩学の建築家・香山壽夫(東京大学名誉教授)が建築のエッセンスを鮮やかに捉えた写文集。1964年の渡米以降撮影された無数の写真から36点を厳選。撮影から数十年の時を経て、それぞれの写真にあらためて向きあい、文章が書き下ろされた。
721 小泉隆 (著) 北欧の建築 エレメント&ディテール 学芸出版社 2017.5 240p. 21cm 3,200円 北欧を代表する建築家の作品から、日本では知られていない建築家の名作、話題の現代建築まで、多数のカラー写真と図面で巡るシンプルで美しく機能的なディテール。光、色、構造、素材、窓、階段などのデザイン・エレメントを切り口に、アルヴァ・アールト、エリック・グンナール・アスプルンド、アルネ・ヤコブセンなど建築家50人の77作品を紹介。
725.85 後藤健生 (著) 世界スタジアム物語 ミネルヴァ書房 2017.5 296p. 19cm 2,500円 本書は、なぜスタジアムがその場所に建設されたのか、そこで何が起こったのかを振り返り、戦争とスポーツに象徴された20世紀という時代を読み解くものだ。建築や歴史愛好家のみならず、スポーツファン、国際情勢に興味を持つ人にとって必読の一冊である。