UDC 著(編者) 刊行物名 発行所 発行年月 頁数 サイズ 価格 内容概要
550.344.4 田中礼治 (著) 津波に負けない建物づくり・まちづくり 相模書房 2012.12 ii,121p. 21cm 1,600円 構造の専門家である著者が、東日本大震災後、宮城県、岩手県での現地調査により、津波と闘いうる建物を発見した。津波が建築物に及ぼす影響を図版でわかりやすく説明し、また写真により被害状況やその対策について解説する。
645.41 山内陸平 (著) 20世紀の椅子たち 椅子をめぐる近代デザイン史 彰国社 2013.1 416p. 22cm 3,500円 20世紀モダンデザインを語る上で欠かせない椅子を選び、誕生・製造にまつわる事をまとめた。膨大な写真をもとに1冊で俯瞰できる。
69.007 中村博 (著) 平成25年度新・試験制度対応 技術士第二次試験
建設部門 総合技術監理部門(建設) 合格の極意
日刊建設通信新聞社 2013.2 240p. 21cm 2,000円 平成25年度から制度が改正される技術士第二次試験の建設部門、総合技術監理部門(建設)の受験対策について解説したものです。25年度の日程、各科目の出題傾向、実際の問題、学習計画、著者の体験をもとにした試験当日の注意点などを詳細に解説しています。
69.008 辻幸和、安藤哲也、地頭薗博、
十河茂幸、鳥取誠一 (著)
コンクリート診断士試験完全攻略問題集 2013年版 セメントジャーナル社 2013.1 397p. 26cm 3,500円 過去10年間分の過去問題を収録し、直近3年分はカラーで掲載。過去問題+演習問題=600問の問題総数で確実に試験合格の力が身に付きます。さらに実力確認テストを新設。解答と解説は後日当社ホームページで公開します。
69.009.7 sai総合企画、いずみ建築工房 (著) 建築の品質トラブル解決集 原因と対策 彰国社 2013.1 312p. 19cm 2,400円 建築の品質のトラブルを取り上げ、原因と応急的な補修方法を紹介したうえで、失敗回避のポイントを解説。建築版「失敗学」の本。
711.168 李明 (著)、石丸紀興 (監修) 被爆都市ヒロシマの復興を支えた建築家たち 宮帯出版社 2012.8 304p. 20cm 2,800円 「被爆後七十年は草木も生えぬ」といわれたヒロシマ。技術や物資が乏しい中での復興は、建築家にとっても最大の試練であった。無の中から、彼らはいかに再生を目指したか。その姿を通して戦後の日本そのものが辿った足跡を追う。
72.01 内藤廣 (著) 内藤廣の頭と手 彰国社 2013.1 224p. 19cm 1,600円 内藤廣は、ダイアグラム(図表)を描き自分の立ち位置を客観化する。若い頃から描いてきたダイアグラムをエッセイとともに紹介。
72.03 大塚初重、三浦茂一 (監修) 図説 印旛の歴史 郷土出版社 2013.1 228p. 31cm 9,500円 成田市・印西市・白井市・富里市・佐倉市・四街道市・八街市・酒々井町・栄町における旧石器時代から現代までの歴史を、豊富な図版と専門家の解説によりわかりやすくまとめた一冊。
72.071.1 伊東豊雄、乾久美子、藤本壮介、
平田晃久、畠山直哉 (著)
ここに、建築は、可能か TOTO出版 2013.1 184p. 21cm 2,200円 第13回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展において金獅子賞を受賞した日本館の展示記録として、また同時に岩手県陸前高田市で建設が進められた「みんなの家」が完成するまでの記録集として刊行。今改めて、建築家の職能と建築の意味を問う一冊。
726.139 今泉宜子 (著) 明治神宮 「伝統」を創った大プロジェクト 新潮社 2013.2 352p. 20cm 1,500円 大正9年創建の明治神宮、その森・社殿・参道・外苑等を手がけた造営者達12名の足跡と計画実現までの詳細を辿る。伊東忠太、佐野利器、折下吉延等。内外苑及び参道計画の変遷を示す図版等多数収録。
728.1 横内敏人、堀部安嗣、三澤文子、
伊藤寛 (著)
住宅の普遍性を求めて 4人の建築家のアプローチ 彰国社 2013.1 112p. 29cm 3,200円 世代も機能も超えて愛される木造住宅の設計手法を紹介。4人の建築家のアプローチを写真と詳細図で解説。ディテール別冊の書籍化。