2021年度日本建築学会大会(東海)学術講演会

会期:2021年9月7日(火)〜10日(金)  会場:オンライン

本ページは学術講演会のページです。デザイン発表会はこちら

2021年度日本建築学会大会(東海)特設サイト

⇒大会公式LINE・Facebookアカウントもご活用ください。
 LINEの友達に追加 Facebook

冊子版梗概集の予約注文について

●お知らせ●

 以下の通知をメールにてお送りしております。宛先は、発表登録時にご入力いただいたメールアドレス宛としております。メールが届いていない方は、お手数ですが至急、2021kougai(at)aij.or.jp までご連絡ください。((at)は@に変換してください。)

5/18(火):講演発表者の方へ、講演通知をお送りいたしました。
6/14(月):講演発表者の方へ、オンデマンド動画作成のご依頼をお送りいたしました。

 ※お問合せの受付は平日9:15〜17:30です。17:30以降にいただいたお問合せにつきましては、翌営業日以降の回答になります。

<大会プログラム>
 以下よりご確認ください(各セッションの司会者を掲載しました)
 https://www.gakkai-web.net/gakkai/aij/session21/


<開催方法>
 今年度の学術講演会・建築デザイン発表会は以下のとおり「@オンデマンド動画による講演発表」と、「AZoomミーティングによる質疑討論」を実施いたします。

配信形式 概要 期間
@オンデマンド動画による講演発表 【講演発表者】
通知に記載の受付期間内(最終日は23時59分まで)に発表動画(mp4)をアップロードする。
通知に記載
【聴講者】
右記期間中にオンデマンドで発表動画を視聴する。
8月31日〜9月15日
AZoomミーティングによる質疑討論 概要発表と質疑討論をリアルタイムで行う。参加者はあらかじめ「@オンデマンド動画による講演発表」を視聴したうえで参加する。
※なお、建築デザイン発表会のテーマ部門では、全セッション終了後にディスカッション(30分)、ならびに招待講評者による表彰(2題程度)を行いますので、当該のテーマ部門には最初から最後までご出席ください。
9月7日〜9月10日


<発表動画(オンデマンド動画)のご提出について>
 学術一般講演・建築デザイン発表は1題あたり5分以内を厳守、オーガナイズドセッションは1題あたり10分以内を厳守し、発表動画をご作成ください。動画ファイルはmp4形式とし、ファイルサイズを600MB以内でご作成ください。作成にあたっては以下のガイドラインを必ずお読みください。なお、ご提出方法と締切については、講演発表者ご本人にお送りしたメール通知にのみ記載しておりますのでご確認ください。
 ⇒2021年度学術講演会・建築デザイン発表会におけるオンデマンド動画のガイドライン


<動画の作成方法>
 ご提出いただく動画ファイルは、mp4形式であればどのような方法で作成されても構いません。たとえば、@音声付きスライド動画を作成する方法、Aビデオカメラ・スマートフォン等により講演を撮影する方法、BZoom等のオンライン会議ツールにより講演を録画する方法などが考えられます。
 ⇒[参考]Microsoft PowerPointから音声付きスライド動画を作成する方法


<質疑討論について>
 質疑討論の時間は以下のとおりです。発表要領については詳細が決まり次第、各講演発表者にご連絡させていただきます。
(1)一般講演(建築デザイン発表を含む)は、1題当たりの持ち時間を5分とします。
  内訳:冒頭1分の概要発表、4分の質疑討論
(2)オーガナイズドセッションは、1題当たりの持ち時間を10分とします。
  内訳:原則、冒頭2分の概要発表、8分の質疑討論
(3)司会者の裁量で質疑討論をまとめて行うこともあります。
(4)各セッションの前に20分の準備時間を設けます。


<質疑討論用スライドの注意>
(1)「概要発表」で用いるスライドは、新たに準備することを推奨します。
(2)「概要発表」のスライドと同じプレゼンテーション用ファイルに、「オンデマンド動画による発表」で使用したスライドも含めておき、質疑応答の際にすぐに表示できるようにしてください。




梗概原稿(pdf)の電子投稿受付は終了しました。メールでの原稿送信、差し替えは一切承りません。
問合せ:2021kougai(at)aij.or.jp ((at)は@に変換してください。)


学術講演梗概応募要領(オーガナイズドセッション含む)

建築デザイン発表と学術講演との複数の講演発表について

日本建築学会入会申込