『建築工事標準仕様書・同解説 JASS 5 鉄筋コンクリート工事』意見募集

  JASS 5は、2009年の大改定から既に10年以上が経過して現在に至っています。その間、2015年および2018年に小改定を実施しましたが、それらは法令・規格への整合を目的としたものであり、根幹的な内容については2009年当時のままです。ここ10年間、地球温暖化の抑制や資源の循環に対する世界的な要求は高まり、SDGsの達成は社会活動を行ううえでの共通目標となるなど、社会情勢は大きく変化するとともに、IT・ICT・IoTに代表される情報技術の進歩とあらゆる分野でのその利用拡大は目覚ましく、これらの変化に適応すべくJASS 5も大改定を実施する時期に来ています。また昨今、コンクリートおよび鉄筋コンクリートに求められる各種性能の意義の再整理がなされるとともに、その管理・検査の合理化も進んできています。さらに、JASS全体の標準仕様書としての位置づけを明確にする必要性も議論されてきました。そこで、日本建築学会では、2017年にJASS 5大改定検討小員会を設置して、大改定の方針を定めるとともに本文案の検討を精力的に行ってきました。そして今般、次世代のJASS 5として相応しいものとなっているかどうか、本文案を公表して広く情報収集を行い、それらを適切に反映させていただく機会をもつこととなりました。皆様からの忌憚のないご意見をお待ちしております。
  なお、ご意見は以下の記入フォームによりEメールでお送りください。
日本建築学会 材料施工委員会 鉄筋コンクリート工事運営委員会
JASS5大改定検討小委員会
『建築工事標準仕様書・同解説 JASS 5 鉄筋コンクリート工事』
 
 ・ 第1〜第11節本文案概要
 
 ・ 第12〜第20節本文案概要
 
 ・ 第21〜第30節本文案概要
 
ご意見記入フォーム
 
ご意見送付先 野口貴文(JASS5大改定検討小委員会主査/東京大学)・陣内 浩(同・幹事/東京工芸大学)
publiccommentjass5*gmail.com (*を@にかえて送信してください。)
 
締  切 2020年10月31日(土)

  ※非会員の方はぜひ本会へご入会ください【入会案内】