『ケーブル構造設計指針・同解説』 意見募集(個人会員限定)

 1994年6月に刊行された「ケーブル構造設計指針・同解説」は、以下の様なニーズを踏まえて、ケーブル構造の設計指針となるべき概念の提示と設計用の参考資料の整理を目的として編纂されました。すなわち、(1)スポーツ施設・集会場・展示場・工場・多目的ホールなど、空間構造を形づくる重要な構造要素として、広範囲の建築物にケーブル構造が用いられるようになったこと、(2)極めて剛性の高い構造要素で成り立っている従来の構造システムに比して、フレキシブルなケーブル材料を用いた構造については設計資料が未整備であったこと、(3)特にケーブル張力の大きさが剛性に影響を及ぼすような構造については、その挙動を評価するためには在来構造とは異なる概念と知識が必要となること、などが挙げられます。その後、本指針の影響もあって多数のケーブル構造の実施例が実現されています。また、2000年6 月の建築基準法改正時に「構造用ケーブル」という用語が施行令と建設省告示に記載され、続いて2002 年には国土交通省告示に構造用ケーブルの基準強度が指定されました。これらのことは、ケーブル構造の設計面に対して本指針が果たした役割の大きさを示していると評価されています。
 しかしながら、刊行からすでに24年あまりが過ぎ、ケーブル材や膜材を用いたテンション構造の分野では、従来の指針で扱っている範疇を超えた構造システムやケーブル材料の新たな使われ方も出現しています。また、2000年以降の性能設計が潮流となる中で、ケーブル構造では従来あまり議論されていなかった終局状態に対する設計の要求も高まっています。
 そこで本委員会では、現在のテンション構造の実情の分析・評価に基づき、「ケーブル構造設計指針・同解説」の改定を行うことにしました。主な改定内容は、1994年以降に制定・改定された関連法規への対応、並びに実情分析に基づいた設計指針として有用性を踏まえた章立ての再編や、従来の指針に掲載されている内容の精査、及び同指針に盛り込まれていない終局状態等に関する内容についての追記、等になります。
 現在、2018年度中の刊行を目指して専門家によるレビューを行っておりますが、会員のみなさまにもお目通しいただき、ご意見をうかがうことになりました。ぜひ、多角的な観点から建設的なコメントをお寄せください。
 なお、ご意見は日本建築学会会員番号・氏名を明記のうえ、下記宛にEメールでお送りください。

日本建築学会 構造委員会 シェル・空間構造運営委員会
  テンション構造小委員会
  ■『ケーブル構造設計指針・同解説』 本文案概要
 
  ■ご意見送付先 : 宮里直也(テンション構造小委員会 幹事/日本大学)
miyasato.naoyanihon-u.ac.jp (*を@にかえて送信ください)
 
  ■締  切    : 2018年10月10日(水)

  ※非会員の方はぜひ本会へご入会ください【入会案内】