| 日本建築学会TOP > 第18回応募論文の募集 > 過去の受賞論文一覧 | 
日本建築学会「優秀卒業論文賞」「優秀修士論文賞」受賞論文一覧

2005年(第16回)
 
 
 

2005年(第16回)
経過報告,選考報告,推薦理由(PDF)
優秀卒業論文賞 構造 偏心補剛されたH形鋼圧縮部材の曲げ座屈荷重に及ぼすウェブ変形の影響 天本 朱美
大地震時における建築物への地震動入力の低減機構 倉田 高志
透過性を保持した既存木造戸建住宅の開口部補強に関する研究 高橋壮太郎
繰返し載荷を受ける浅い埋込み柱脚の弾塑性挙動と保有性能評価 山本 遼太
計画 キリスト教建築における馬蹄形アーチに関する基礎的研究 −モサラベ建築にみられる馬蹄形アーチの類型と、そのキリスト教的側面について− 朝日さおり
近世における「地震の間」の機能と平面・構造に関する研究 内川 亜紀
ユカ・クツヌギ 緒方菜穂子
総合設計制度の許可基準に関する研究 −政令指定都市、中核市、東京都23区における比較分析を通して− 菊池  通
茶屋建築の意匠について 小林真佐子
田中 英里
川越市川越重要伝統的建造物群保存地区における建物の現状と住民の防災意識 中澤  綾
木造住宅における木材コスト比較から考察する地域材活用の可能性 −京都府産材モデル− 早川 慶朗
「露店市」の開催空間保全のための空間特性把握とデザイン提案 −東京都区内露店市と世田谷ボロ市の事例研究を通して− 山内菜都海
環境 ボロノイ分割を用いた街灯配置の分析 加藤 嘉宏
壁面緑化による蒸発冷却効果の予測に関する研究 藤堂 香織
高温壁面流(ウォールプルーム)の煙層への貫入実験 森本 慎也
優秀修士論文賞 構造 外付け制振ブレースを有する既存RC造建物の耐震補強法に関する実験的研究 −動的載荷実験に基づくRC架構の破壊性状と制振効果の検証− 井戸 建介
地震動のスペクトル特性を考慮した既存建築物の最適な耐震補強に関する研究 清水友香子
既存RC造建物を制振補強する場合の補強効果の検討及び設計法の提案 西川 和明
計画 近世「殿舎考証」史 加藤 悠希
伝統的様式を規範とした継承型住宅のデザインと普及実態 −富山県八尾町、岐阜県飛騨市古川町を中心に− 木野勢雄也
東京都心における屋台群の運営・管理に関する研究 −地方都市における伝統的屋台群との比較より− 木村 陽一
首都圏地域における保育所の施設環境に関する研究 −子育てニーズに対応した保育施設整備に向けて− 小池 孝子
筑波研究学園都市における住宅ストックの再編に関する研究 小山 雄資
「確信度」を指標とした歩行者の経路探索行動に関する研究 −GPSナビゲーションを用いた経路探索行動の情報利用比較− 楯列 哲也
大規模地震災害後の住宅復興システムに関する研究 樋口 大介
斜面地に建つ独立住宅作品における空間構成論とその手法に関する研究 −第二次世界大戦以降の住宅作品の事例分析を通して− 三谷 帯介
環境 都市形態を反映した数値気候モデルによるヒートアイランド進展の予測と評価 川本 陽一
数値気候解析に仮想閉空間の概念を適用した都市の熱収支分析と温熱環境評価 佐藤 大樹
可燃物と建築部位の位置関係を考慮した延焼拡大性状予測に関する研究 新谷 祐介
室内空気質簡易測定法及び予測法に関する研究 田渕 誠一