日本建築学会図書館デジタルアーカイブスにおける
「近代日本建築学発達史」資料の公開と著作権について (英語版

図書委員会

1.図書館デジタルアーカイブスの資料公開の計画について


本会図書委員会では、「日本建築学会図書館デジタルアーカイブス」を通して、本会編集発行の書籍・資料の公開を順次進めております。
2011年から2ヶ年計画で本会編集発行(主に1963年〜1976年)の全文画像データの公開を計画しております。


 
 【2011年度】
          
       1)建築設計・資料関係    27冊  5,200頁
       2)仕様書・規準関係     55冊  11,900頁
       3)会史・目録         4冊    500頁
       4)その他の刊行物      25冊  3,500頁


  【2012年度】(予定)

       1)建築設計・資料関係*)   22冊  7,400頁
       2)仕様書・規準関係     43冊  12,000頁
       3)会史・目録         3冊    300頁
       4)その他の刊行物      33冊  3,700頁
                   
                       

2.資料公開に伴う著作権について

 上記の2012年度申請予定の中に、「近代日本建築学発達史*」が含まれており、資料公開に際しては、本来、著作権者の許可を得て公開するところですが、古い資料のため著作権者の連絡先が判明しなかった方がおります。そこで、図書委員会では、著作権者に連絡を取るためホームページに資料公開の旨を広く公告し、著作権者および関係者からお申し出をいただくことにしました。
 つきましては、下記著作権者一覧をご覧いただき、お心当たりのある方は
2011年9月20日(火)まで本会宛にご一報いただきたくお願いいたします。本会より改めて「転載許可願い」について許可申請をさせていただきます。


 
  近代日本建築学発達史「著作権者一覧」        近代日本建築学発達史(公告3)