2019年度日本建築学会大会(北陸)建築デザイン発表会

大会期日:201993日(火)〜96日(金)
会場:金沢工業大学 扇が丘キャンパス(石川県野々市市扇が丘)

電子投稿応募期間 2019215日(金)〜45日(金)17時(厳守)
(学術講演の締切日と異なるので注意してください)


 発表会場には昨年度同様PC用プロジェクターのみ備え付けます。使用条件や使用方法は後日「大会プログラム」および本会ホームページで公表いたします。

 下記事項に十分ご留意のうえご応募ください。

  1. 講演発表は正会員(個人)・準会員・名誉会員に限ります。
  2. 建築デザイン発表会および学術講演会において、それぞれ1題(計2題)の講演発表が可能です。応募規程「3.発表者の権利・義務」「9.発表登録費」をご覧ください。
  3. 講演発表者もしくは共同発表者に 2018年度会費未納者、 2007年度以降の大会発表登録費未納者、 2018年度論文予約購読費未納者がいる場合は応募できません。
  4. 講演発表者ならびに共同発表者は、発表登録費を請求書に記載の期限までに納入しなければなりません(請求書を6月中旬ごろお送りします)。ただし、論文予約会員、名誉会員は、発表登録費を免除します。
  5. 大会に参加する場合は発表登録費とは別に大会参加費が必要になります。
  6. 代理の講演発表は認められていません。ただし、建築デザイン発表会、学術講演会の両方に投稿し、かつ相互の発表時間帯が重なった場合(半日単位)には、学術講演会の講演発表を行うこととし、当該の建築デザイン発表に限って共同発表者による代理の講演発表を認めます。
  7. 建築デザイン発表会は、公開の場で発表しそれが議論されることを目的としていますので、必ず大会に参加し、講演発表を行ってください。
  8. 応募締切(電子投稿:201945()17)は厳守です。学術講演の締切と異なりますので注意してください。
  9. 締切後の原稿の訂正は一切認められていません。
  10. 原稿執筆要領に示されている基準を大きく逸脱した原稿は不採択の対象となります。
  11. 新入会の方は、応募時までに必ず入会手続きを済ませてください。学術講演会の「応募上の注意」を参照してください。
  12. テーマ部門では、各発表終了後に全体ディスカッションを行い、招待講評者が優秀発表を顕彰します。テーマ部門の発表者は、当該セッションの最後まで参加してください。
  13. 大会第2日目(94())に発表者(共同発表者含む)による懇親会を予定しております。
  14. 本文の言語は、日本語のほか英語での投稿も受け付けます。英文の投稿サイトを設けていますので、ふるってご応募ください。
  15. 2019年度大会実行委員会では自治体への補助金申請を予定しております。発表者の氏名および在住の都道府県情報(市区町村以下は含まず)を利用させていただきますので、ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。なお、利用についての諾否は電子投稿の画面で確認いたします。


建築デザイン発表申込み(締切:2019年4月5日(金)17時
※2019年度大会で研究発表するために新たに入会される方は、至急入会手続きを済ませてください。
New Submission(Submission period:17:00, 5th April, 2019)