支部企画

「木骨煉瓦造の産業遺産―富岡製糸場を訪ねて」

概 要 富岡製糸場は我が国の絹産業の拠点施設であり、産業近代化遺産として世界遺産登録、その後国宝建造物指定となりました。我が国の製糸工場建築の模範となった、木造軸組に煉瓦積壁とした木骨煉瓦造の長大な建築を、現在一部修理中の非公開部分と併せてみることで、明治初期から戦後までの産業施設の変化を概観する。
主 催 日本建築学会関東支部
日 時 10月20日(火)13:00〜15:30
見学先 富岡製糸場(群馬県富岡市富岡1-1) 
参加費 各自で見学券(大人1,000円)を購入のうえ入場
定 員 40名(申込先着順)
集 合 現地(交通費は自己負担)
解説者 森田昭芳(富岡市世界遺産部富岡製糸場保全課)ほか
申込み 関東支部ホームページから申込む

第21回構造デザインフォーラム「若き構造設計者たちは今~建築学会賞 作品賞を語る」

概 要 1995年から始まった構造デザインフォーラムは今年で21回目を迎え、今年度も建築文化週間の一環として開催する。本年は「若き構造設計者たちは今」と題して、2015年建築学会作品賞の構造設計を担当した構造家の多田脩二氏、小西泰孝氏に日頃の活躍を紹介していただく。今年の作品賞は建築家と構造家の協働がより際立った作品であるため、建築家とのパネルディスカッションを企画し、会場と闊達な議論が交わされることを期待する。
主 催 関東支部構造専門研究委員会
日 時 10月31日(土)15:00~18:00
会 場 建築会館会議室 
(東京都港区芝5-26-20)
定 員 80名(申込先着順)
参加費 学生500円、一般1,000円
司 会 中村 伸(構造専門研究委員会WG-D主査/日本設計)
モデレーター 斎藤公男(日本大学名誉教授)
プレゼンター 木の構築 工学院大学弓道場・ボクシング場(福島加津也+冨永祥子+多田脩二)
上州富岡駅(武井誠+鍋島千恵+小西泰孝)
申込み 関東支部ホームページから申込む。

詳細は、支部HP参照 http://kanto.aij.or.jp/


top