支部企画

シンポジウム 道民の力で北海道の歴史的建造物をまもり、活かすために-国指定重要文化財豊平館の構造補強と附属棟新築を事例として-

共 催 北海道遺産活用活性化委員会
後 援 北海道教育委員会、札幌市観光文化局文化部、日本建築家協会北海道支部、北海道建築士会、北海道文化財保護協会、NPO法人歴史的地域遺産研究機構、NPO法人北の民家の会
日 時 10月10日(土) 13:15〜17:00(13:00受付開始)
会 場 札幌市立大学サテライトキャンパス アスティー45 16階 1606大研修室
〒060-0004 札幌市中央区北4西5 アスティ45 ACU TEL:011-272-3838  
解説者 豊城 浩行(文化庁文化財部 主任文化財調査官)
木村  勉(長岡造形大学 教授)
松本  優(文化財建造物保存技術協会 技術主任)
細見  聡(三菱地所設計 札幌支店副支店長)
遠藤謙一良(日本建築家協会北海道支部 保存活用部会)
角 幸博、駒木定正、羽深久夫(日本建築学会北海道支部 歴史意匠専門委員会)
坂井  文(日本建築学会北海道支部 都市計画専門委員会)
斉藤 雅也(日本建築学会北海道支部 環境工学専門委員会)
応募条件・定員 100名(応募条件は問わない。歴史的建造物の保存活用に関心のある方)
参加費 無料
申込み・問合せ 2015年10月7日(水)必着。氏名・年齢・所属・住所・電話番号を明記し、葉書かファクシミリ、またはEメールで下記へ申し込む。当日参加も受け付ける。
〒005-0864 札幌市南区芸術の森1丁目
札幌市立大学デザイン学部 羽深研究室
TEL:011-592-2618 FAX:011-592-5421  Email:h.habuka@scu.ac.jp

第40回北海道建築賞(2015年度)表彰式・記念講演会

概 要 2015年度第40回北海道建築賞を受賞された方々に、受賞作品を語っていただき、その後、パネルディスカッション開催する。
主 催 日本建築学会北海道支部
日 時 10月30日(金)18:00~20:30
会 場 北海道大学遠友学舎(札幌市北区北18条西7丁目) 
定 員 80名
参加費 無料
参加方法 直接会場へ
詳 細 支部HPをご参照 http://news-sv.aij.or.jp/hokkaido/
問合せ 日本建築学会北海道支部
TEL:011-219-0702 FAX: 011-219-0765
Email:aij-hkd@themis.ocn.ne.jp

地震時の我が家のバーチャル体験

概 要 kinectを用いた地震時の建物倒壊・室内家具転倒散乱による人体損傷のバーチャル体験と減災対策の検討
主 催 北海道釧路総合振興局、(社)日本建築学会北海道支部
(第6回くしろ安心住まいフェアとの共催)
企画提案 都市防災専門委員会[代表者:中嶋唯貴(北海道大学)]
日 時 10月31日(土)10:00~16:00
会 場 釧路市こども遊学館(釧路市幸町10丁目2番地) 
対 象 地域住民、行政職員、学会員
内 容 1.地震時の我が家のバーチャル体験
2.室内安全対策の相談コーナー
1、2とも時間内で随時体験できる。
問合せ 事前の申込みは不要。直接会場まで。
地方独立行政法人北海道立総合研究機構北方建築総合研究所 戸松 誠
TEL:0166-66-4236 FAX:0166-66-4215
Email:tomatsu@hro.or.jp

詳細は、支部HP参照 http://news-sv.aij.or.jp/hokkaido/


top