本部企画

建築夜楽校 2015 2015年の都市建築状況を問う

情報化社会が到来し、阪神淡路大震災、オウム真理教事件のあった1995年から20年。2015年の社会における都市と建築は、どのような状況に置かれているのか?本年の建築夜楽校では、二つの事象にフレームアップして、その状況を問う。第1夜では、国民的な議論に発展してきた新国立競技場の議論を踏まえつつも、そもそもの問題点として、日本のコンペティションが歴史的に抱えてきた問題に切り込み議論する。第2夜では、人口減少社会の具体的な都市づくりに焦点をあてる。人口移動の問題、震災復興、地方都市の中心市街地の再生などを事例に、人口減少を空間の問題として捉え直す契機としたい。


第1夜:「日本のコンペティションは、このままでよいのか?」

日 時 10月2日(金)18:00~21:00(開場 17:30)
会 場 建築会館ホール(東京都港区芝 5-26-20) 
講演者 馬場璋造(建築評論家、『新建築』元編集長)
鈴木知幸(元・2016年東京オリンピック招致推進担当課長、順天堂大学客員教授)
森山高至(建築エコノミスト)
佐藤 淳(構造家、東京大学准教授)
日埜直彦(建築家、日埜建築設計事務所代表)
浅子佳英(建築家、批評家)
田中元子(建築ライター、建築コミュニケーター)
モデレーター 松田 達(建築家、武蔵野大学専任講師)

第2夜:「地方創生まちづくり、空間と経済」

日 時 10月8日(木)18:00~20:30(開場 17:30)
会 場 建築会館ホール(東京都港区芝 5-26-20) 
講演者 泉 英明(ハートビートプラン)
木下 斉(エリア・イノベーション・アライアンス)
嶋田洋平(らいおん建築事務所)
山田高広(NPO法人りた)
モデレーター 藤村龍至(建築家、東洋大学講師)
定 員 300 名(当日先着順)
参加費 無料

東京ウォッチング2015「青山・原宿」

2020年を控えいろいろ賑やかな2015年の青山・原宿界隈を歩く。1964年にも大きな変化を伴ったこのエリアがこれからどう我々に関わってゆくのか、オリンピックの影響によるその大きな地殻変動とともに、静かに堆積する東京の地層としての断面も見つめてゆきたいと思っている。
日 時 10月26日(月)13:00〜16:00
見学先 青山・原宿界隈
解説者 小笠原 伸(白鴎大学経営学部教授/都市論)
定 員 30 名(申込制/応募多数の場合抽選)
参加費 無料
申込み E-mailもしくは往復ハガキ(1人1件に返信宛名を記入)にて、①氏名、②年齢、③所属、④連絡先住所、⑤連絡先電話番号を明記のうえ、「東京ウォッチング」と標記して、10月15日(木)必着で下記あてにお申し込みください(応募多数の場合抽選)。
〒108-8414 東京都港区芝5-26-20
日本建築学会「東京ウォッチング2015」係
E-mail: goryoda@aij.or.jp

カルチベートトーク「建築家とのコラボレーション・・・苦労の向こうに見える光とは」

日 時 9月29日(火)18:30~20:00
会 場 建築博物館ギャラリー(東京都港区芝 5-26-20) 
講演者 藤江和子(藤江和子アトリエ)
岡 安泉(岡安泉照明設計事務所)
モデレーター 濱野裕司(竹中工務店)
申込み ホームページより申込む

カルチベートトーク「インテリアデザイナーに聞く建築~デザインの発想」

日 時 10月6日(火)18:30~20:00
会 場 建築博物館ギャラリー(東京都港区芝 5-26-20) 
講演者 橋本夕紀夫(橋本夕紀夫 デザインスタジオ)
小坂 竜(A.N.D./乃村工藝社)
モデレーター 濱野裕司(前掲)
申込み ホームページより申込む

学生ワークショップ2015「ACHITECTURE EXPO!! 2015 #アキスポ」

DAY1:BATLLE IN TOKYO @港区

半径”3,000,000mm”のリアル建築宝探しゲーム!
田町を中心に半径5kmの東京のまちを舞台にしたリアル宝探しゲーム。6人1チームとなってミッションに挑戦し、“まちの見方”を学ぶことで何気なく通り過ぎていた景色からまちの魅力を再発見する。市民参加型WSを行うことで建築分野への興味とその仕事への価値向上を期待し、集まった情報から人々の興味と建築・都市を結びつけた新しいガイドマップを作成する。
日 時 10月10日(土)10:00~18:30(9:30受付開始/After Party~21:00)
会 場 港区全域/建築会館イベント広場
定 員 50名(申込み先着順)
参加費 500円(After Party費込)
申込み ホームページより申込む

DAY2 :建築アカデミー賞!

全員審査員!? 全員受賞者!? 新感覚の参加型コンペティション!
事前に設定された軸別に成果物(既存作品、プロジェクトetc)を募集し、再評価する場を設ける。講評会の評価が絶対なのか?設計にばかり目がいってないか?偏った観点で評価されなかったものはないのか?今まで鳴りをひそめていた成果物を明確な評価軸のもと、部門ごとに再評価し発信することで、多様化していく建築の側面を再発見する。建築の評価軸はもはやひとつではない。
日 時 10月11日(日)10:00~18:00(9:30受付開始/After Party~21:00)
会 場 建築会館ホール/イベント広場
参加費 500円(昼食代別・After Party費込)
申込み 審査参加(WS)・作品応募共にホームページより申込む
問合せ studentws2015@gmail.com
詳 細 ホームページ参照

学生グランプリ2015「銀茶会の茶席」

日本建築学会では、実際に使用される建築物を設計、制作する機会を建築を学ぶ学生の皆さんに提供する。ここでは全銀座会からの依頼を受け、10月に銀座通り周辺で開催される「銀茶会」*の中で実際に使用される創作茶席の設計・製作案を募集する。設計課題等の授業のように設計した課題に対して講評を受けるだけに留まらず、依頼者のために誠意ある提案を行い、設計者に選定された場合は責任をもって実施設計と製作を行う。また、応募者等から有志を募り「銀茶カフェ」**を企画する。これらの経験を通じて、同世代の仲間との交流や建築のおもしろさ、難しさを是非体験してもらいたい。

*「銀茶会」は、年に一度、銀座通りの周辺にお茶席を設けて行われる野点大茶会である。当日は、表千家、裏千家、武者小路千家、江戸千家、遠州流茶道、煎茶道の六流派のお茶席のほか、点茶の体験コーナーがあり、2015年で14回を迎える。2009年から、学生の設計・製作による学生創作茶席を展示・使用している。

**「銀茶カフェ」は、学生創作茶席のコンペに出品された模型と空間全体を使った表現による茶室インスタレーションを銀座8丁目のカフェギャラリーに展示する。

募集概要

依頼者:全銀座会

対 象:建築系の学校(大学院、大学、短大、高専など)に通う学生3名以上のメンバーで構成された設計チーム。構造系のメンバーを含めることが望ましい。

規 模:2畳を基本とする。

用 途:「銀茶会」(詳細上記のとおり)で使用される創作茶席

材 料・構 造・仕上げ:自由

条 件:茶席での使用が安全に行えること。
作品に壁がある場合には開放可能な(外からお点前の様子が見える)構造とすること。
2つの入口を設けること。

審 査:下記のとおり2段階の審査とする。

審査の流れ

1)建築会館(東京都港区芝5-26-20)にて第一次審査を行う。

2)第一次審査で入選した応募者上位2~4チームは、建築会館にて建築文化週間中に開催される第二次審査までに実施設計および1/1模型の製作を行う。

3)第二次審査で入賞(金賞、銀賞)作品を決定する。入賞したうち1チームは、東京・銀座で開催される「銀茶会」のお点前に実際に使用される茶席を製作する。

スケジュール 応募締切日:8月5日(水)(当日必着、持参の場合は17:00まで)
応募作品展示:8月7日(金)~14日(金)(建築博物館ギャラリ-)
第一次審査:8月10日(月)(建築博物館ギャラリ-にて公開審査)
1/1模型制作説明会(エスキスチェック):8月17日(月)
第二次審査:10月4日(日)(建築会館イベント広場にて公開審査)
銀茶カフェ:10月22日(木)~10月30日(金)11:00~23:00 入選作品関連展示
       於:ART FOR THOUGHT 銀座8-10-4和孝銀座8丁目ビル1F
銀 茶 会:10月25日(日)(展示期間 10月22日(木)~10月26日(月)10:30~20:00
       於:東京 銀座三越新館 9階テラス 銀座4-6-16)
審査方法 第一次審査(終了)
提出物

①1/10模型(積上げできる箱に梱包)

②A1パネル1枚(裏面に応募用紙を貼り、パネルの表面には、応募者を特定できる情報を記載しない。また、別途事務局宛てに電子データを提出する)。

③応募用紙(本会ホームページより所定の応募用紙をダウンロードして必要事項を記入。応募用紙データを別途事務局宛に電子メールにて送る。)

注)応募作品は原則として返却しない。特に返却を必要とする場合は、その旨を応募用紙備考欄に書き添える(当方による費用負担はしない)。

日  程:8月10日 13:00~16:00
会  場:建築博物館ギャラリー(東京都港区芝5-26-20)
入  選:2~4チーム
応募方法:郵送・宅配便等にて下記の応募先に送付、もしくは持参
応募締切日:8月5日(水)必着(持参の場合は当日17:00まで)
第一次審査・審査員
<審査員長>
関野 宏行(建築文化事業委員会委員長/佐藤総合計画取締役常務執行役員)
<審査員>
細野 佳代(全銀座会/株式会社曙代表取締役社長)
山本 豊津(全銀座会/東京画廊代表取締役社長)
井内 雅子(大成建設設計本部シニア・アーキテクト)
鵜飼 哲矢(九州大学大学院准教授)
大森 晃彦(建築メディア研究所代表)
加藤 詞史(加藤建築設計事務所主宰)
斎藤 公男(日本大学名誉教授)
佐藤  淳(東京大学准教授/佐藤淳構造設計事務所主宰)
田中 元子(モサキ代表)
辻  琢磨(403architecture [dajiba]主宰)
濱野 裕司(竹中工務店東京本店設計部設計ISD部長)
松田  達(武蔵野大学専任講師/松田達建築設計事務所主宰)

第二次審査

提出物:1/1模型(銀茶会での実施を見込んで製作する)、A1パネル1枚
日  時:10月4(日)13:00~15:00
会  場:建築会館イベント広場(東京都港区芝5-26-20)
審査会場での製作期間:10月3日(土)~4日(日)13:00
賞   :金賞(賞状・記念品)銀茶会において実施製作
     銀賞(賞状・記念品)
第二次審査・審査員
<審査員長>
丹下 憲孝(丹下都市建築設計代表取締役)
<審査員>
本阿彌守光(武者小路千家)
浅賀  誠(三越銀座店長)
伊藤  明(全銀座会催事委員長)
鵜飼 哲矢(前掲)
斎藤 公男(前掲)
佐藤  淳(前掲)
関野 宏行(前掲)
応募条件・
サポート等

1)応募作品は応募者を含む学生ボランティアチームにて期間内に製作可能なものとします。学生ボランティアは原則応募者が募集する。

2)第一次審査で入選した2~4チームには模型材料費として 1チームあたり15万円ずつサポートする。原則として模型材料購入・運搬費とする。遠方のチームは旅費、宿泊費として使用することができる。ただし、飲食費等には使用できない。

3)第一次審査で入選した2~4チームは、構造設計の専門家からのエスキスチェックを受けることができる。

4)第二次審査で入賞したうち1チームには銀茶会での実施製作費として上限20万円をサポートする。

5)実施製作する作品については、主催者が必要と認める範囲内において、使用材料等の仕様について安全性等の面から変更を求めることもあり得える。

top