中国支部 第13回鋼構造シンポジウム 「床スラブの横補剛効果について −簡単に求める方法−」

開催日:2019/12/07
会 場:広島工業大学広島校舎
分 野:構造


主催:日本建築学会中国支部
共催:日本建築構造技術者協会中国支部,協同組合広島県鉄構工業会
会場:広島工業大学広島校舎(広島市中区中島町5-7)
内容:「鉄骨梁の横座屈」をテーマの主軸に据え,床スラブによる横座屈現象の拘束効果を実験の知見に基づき解説,拘束効果を見込んだ梁の横座屈耐力や変形性能の簡単な求め方を紹介し,広く討論の場を設ける.
講師:宇佐美 徹(竹中工務店 技術研究所),山西 央朗(広島工業大学)
日時:12月7日(土)15:00~17:00 定員:80名 参加費:無料
対象:本会・共催団体会員,建築技術者,大学院生,大学生
問合せ:広島工業大学山西央朗t.yamanishi.ev@cc.it-hiroshima.ac.jp
 

建築CPD:2


残 数:75

無料

【ご注意事項】

  • カート内で必ず参加費の金額をご確認ください。
  • 会員外等の方は会員価格の参加費でお申込み頂けませんのでご了承ください。
会員サインイン